パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]/ジョニー・デップ,オーランド・ブルーム,キーラ・ナイトレイ

¥1,500
Amazon.co.jp

『パイレーツオブカリビア①・呪われた海賊達』を観ました。
この映画『パイレーツオブカリビア』を、始めて見たときは、
ストーリーを知らずに映画だけを見ていたので

ヒョウキンなジャック・スパロウが、ウィルやエリザベスや
バルボッサとその手下たちと登場してきて、他の海賊や英国の軍隊と
ただドンパチやっている、ニギヤカな海賊映画ように感じましたが・・・
以下のストーリーを読んでから、再度『パイレーツオブカリビア』を
見てみると、そこには
さらに深いメッセージを感じられるようになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
背後にあるストーリーを理解しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『パイレーツオブカリビア①・呪われた海賊達』
◆カリブ海の港町ポートロイヤル
美しい総督の娘エリザベスは、子供の頃にウィルという少年から手に入れた
黄金のメダルを今でも大切に身につけていました。
 
ある日、町はキャプテン・バルボッサが率いる冷酷な海賊たちに襲われます。
勇敢な若者に成長したウィルは、剣を手に勇敢に敵に立ち向かいます。
ところが奇怪なことに海賊たちは心臓を剣で貫かれても甦り、死ぬことがないのです。
◆意外なことに、バルボッサは町の財宝には目もくれず、そのお目当ては
エリザベスの黄金のメダルにありました。
海賊たちはメダルごとエリザベスをさらい、ブラックパール号で逃走します。
エリザベスに思いを寄せていたウィルは、彼女を救うために
一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組み、牢屋から救い出します。
◆ジャックはバルボッサの過去を知る数少ない人間のひとりでした。
そして、バルボッサとその手下の「恐るべき真実」をウィルに話します。
 
バルボッサとその手下たちは、呪いをかけられていて、月の光の下で、
永遠に死ぬことを許されない、生きる屍の姿になるのだということを。
そして、その呪いを解く鍵を、エリザベスがもつ、子供の頃にウィルから
手に入れた黄金のメダルが握っているのです。
◆『パイレーツオブカリビア①・呪われた海賊達』では
自分たちの欲から、アステカの金貨を盗み、永遠の命(死ぬことを許されない)
身体となった、バルボッサとその手下たちは
どんなに美味しいものを食べても、どんなに宝物を手にしても、どんなに
美しい女性を抱いても、真の喜びを感じることがなくなります。
 
そして海賊の彼らは、ただ生きていることよりも、死があり、喜びがある
元の身体にもどろうとします。
◆人間は「死」があるからこそ、毎日の喜びや、幸せを、より鮮明に
感じて生きられるのかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■人が行動する動機を理解しよう
■人間が本当に欲しいものは、富や名誉ではなく
それによって得られる「喜び」や「幸せ」という「感情」である
■目先の損得よりも、人生で本当に欲しいものを理解し手にしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
大阪の淀屋橋でベローチェに来ました。
ここのベローチェは大きなお店で、くつろげます。
 
ベローチェは、コーヒーが大きなカップで
提供されて、170円、さらにサンドイッチも200円
とお得感がありますね。
 
有難うございます。
お天気だったので淀屋橋から、レトロな赤レンガ造りの
中ノ島中央公会堂までお散歩をしました。
穏やかな季節で心も和みますね。