いま伝えたい生きることの真実/竹田 和平

¥1,575
Amazon.co.jp
安値に沈む優良株を見つけ、経営者を応援してきた竹田和平さん
何度も暴落や不況を乗り越えてきた和平さんの口癖は
「上がってよし、下がってよしの株価かな」です。
    『セオリー VOL6 お金の探求より』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
上がってよし、下がってよしの株価かな
         竹田 和平さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆竹田和平さんが、キクタスでご紹介されている
人生を変えた1冊は
『コングロマリット経営』という本です。
株式を取得してホールディングみたいに傘下にいれてしまう。
◆竹田和平さんはいいます。
「それまでは、自分の事業は競争してマーケットを
つくらないとならなかった。
でも、どちみち自分の会社は、人様がやっている。
だったら、優秀な人がいる会社を買えばいい。」
「『コングロマリット経営』という
この本が『投資は経営である』ということを氣づかせてくれた。
今、投資の世界にいるのは、それが種だよね。」
◆竹田和平さんは借金して株を買うことはないそうです。
竹田和平さんは、「自分が身体が弱くて良かった。」といいます。
なぜなら、和平さんは若い頃に、信用取引をしていたときがある
そうですが、信用(借金)で株を買っている最中に、
胃がグーグーいうそうです。
あれで,参ってしまって、「俺は、胃を悪くしてまで金が欲しいのか?」
考えたそうです。
そして、「健康にも悪いし、とても割に合わないぞ!」と。
それで、もう2度と借金で株はやらないぞ!!と決めたそうです。
◆商売でも同じことです。
和平さんは、昭和33年~34年、手形で仕入れるのをやめて、
現金で買っていただき、仕入れ代金も、銀行振り込みで払うようにしたそうです。
手形を辞めれば、売上は確実に縮小しますが、「身体のほうが大事と割り切って
思い切って切り替えてみたら、案外上手くいったそうです。」
◆手形という信用取引の本質は、
「商品を買ってもらうために、売り手が買い手に信用を供与することです。
『借金で商売をするな、借金で株をするな』
という竹田和平さんの姿勢は、もう何十年も昔から徹底しているのです。
■「キクタス」の音声インタビュー
書籍『人とお金に好かれる貯徳体質になる』
(どんな時代にも成功しつづける56のルール)はこちら
http://kiqtas.jp/book/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■投資は経営である
■優秀な人のいる会社に投資しよう
■身体のほうが大事だと割り切って
借金で商売をしない、借金で株をしない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
新宿三井ビルにある「マハラジャ」というカレー屋さんに来ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
6種類のカレーから好きな2種類を選びます。
サラダバーとドリンク・デザート・ナンはおかわり自由で
1000円です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
スパイシーなカレーがとても身体に良さそうで、パワーが出ます
d(*⌒▽⌒*)b
イチローがシーズン中は毎朝カレーを食べるという
意味がわかるような気がしました。
カレーって薬膳料理の代表ですからね。
お店の中はDVDが流れていて、リラックスできます。
ありがとうございますd(-_^)good!!