$さくらの「ウェルシーシェフ」
ソーシャルメディアを活用して、年商4億円から
年商を50億円にしたゲイリーは教えてくれます。
「仕事」をすることは、お金や地位や名誉のためではない。
「仕事」は、伝説(レガシー)のためにするのだ!!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「自分を、偽らない、飾らない、正直に生きること
それが、子供や孫や、ひ孫により良い影響を与えるのです。」
「おじいちゃんはこういう、生き方したんだよ。
おじいちゃんは、カッコいいなあ、ああいう生き方したいよね。」
と言われるようになるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「仕事」を伝説のためにする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆子孫に遺産を残しても、遺産はいつか食い潰されます。
ところが伝説は子孫に伝わります。
大切なのは、伝説を残すことです。
そして時代は、伝説が残る時代になったのです。
なぜなら、人がブログやツイッターに、つぶやく時代ということは
自分という人間が、サーバーに残る時代になったということなのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆大企業は今まで、大きな広告宣伝費をかけて
TVやラジオで企業のブランディングしていました。
今は「ソーシャルメディアの時代」です。
普通の人が、芸能人と同じように、TVに顔を出して
自分自身でブランディングが出来るようになりました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ただし「ソーシャルメディアの時代」のブランドは
自分でコントロールできないのです。
では「今の時代のブランドは、誰がつくるのでしょうか?」
「ソーシャルメディアの時代」それは・・・
『口コミがブランドになる』のです。
◆例えば今の時代、ネットを活用している消費者は
メーカーが「この商品の価格はいくらで、、、、こういう性能です。」
といっても、それを鵜呑みにしません。
ネットを効果的に活用している消費者が見るのは????
「価格コム」や「口コミサイト」を見て、商品を買うのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ゲイリーは『口コミとブランドについて』教えてくれます。
「ツイッターは、人の話しを聞くツールだよ。」
例えば、パーティーで好感を持つ人は、一方的に話すひとでなく、
話しをウン、ウンと聞いてくれているひとだよね。
◆ツイッターで、口コミを起こしブランドを高める秘訣は
自分が好きな内容のタイムラインを見ていて
①「良い言葉だなあと思うツイートがあったら」リツイートする
②それについて、こういう関連情報ありますとツイートする
③ツイッターでプロジェクトが終わった人がいたら
「お疲れ様です。よかったですね。きっとクライアントも喜ぶでしょうね。」
とねぎらいのツイートをする
④「自分の関連商品のつぶやき」を見たら、「こういうのもありますよ!!」
と「売り込み」でなく「紹介する」。
などなど
◆「ソーシャルメディアの時代」に
実践で結果を出している起業家はさすがですね。
目から鱗が落ちました。
有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■今の時代のブランドは、口コミがつくる
■ツイッターは、人の話しを聞くツールである
■ツイッターで口コミを起こしブランドを高める秘訣を
実践しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
今日は、会社に売りに来るお弁当屋さんから購入☆(*^o^)乂(^-^*)☆
このお弁当屋さんは大人気で、1品が50円~とういお値打ち価格(〃⌒∇⌒)ゞ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
おにぎりとサラダとおかずとデザートで200円!!\(*^▽^*)ノ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
嬉しいですねヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
そしてこのおにぎりが、母が握ってくれるような
おにぎりで美味しいんです(*^。^*)
コンビニとはまた違う懐かしさがいいですね~~
温かい気持ちになります。