ジェームススキナー氏の「お金の哲学」をお聞きしました。
Jスキナー氏は
「もし、あなたがお金をたくさんもってなければ、
お金をたくさん持つことに『痛み』や(恐怖)を連想
しているからだ。」といいます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
幸せに成功するために『脳』を道具として活用しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆このお話しを理解するための前提として
人間の『脳』のしくみを学んでみると・・・
人間が行動する動機は、全人類共通です。
人間は『痛み』(恐怖)を避けて
『快楽』(喜び)を得るように行動します。
そして出来事に対する『痛み』や(喜び)と
『快楽』や(恐怖)の判断は『脳』がしています。
しかもその判断は97%以上、無意識にしているそうです。
 
◆人間は「出来事について」
殆どの場合、無意識に『痛み』と『快楽』の判断をする
人それぞれの連想パターンがあるということです。
そしてこの連想パターンが『脳』のなかでのつながりとなり
人それぞれの連想体系になっています。
 
◆ですからJスキナーさんの『お金の哲学』では
「もし、あなたがお金をたくさんもっていなければ、
お金をたくさん持つことに、『痛み』(恐怖)を連想
しているからだ。」というお話しになるわけです。
そして、多くの人は、お金をたくさん持つことが『痛み』だと
教わってしまっているのです。
 
◆例えば、「お金持ち」に対して、どんな連想をするかというと?
お金をたくさん持っていない人たちは、無意識に・・・
・お金をたくさん持ったら、面倒くさい
・お金をたくさん持ったら、税金で持ってかれる
・お金をたくさん持ったら、友人が減る
・お金をたくさん持っている人は、悪い人が多い
などと
だから「自分は、そういう人になってはいけない!!」
などと無意識に連想をして、自動的にお金を遠ざける
判断や行動をしてしまっているということです。
 
◆つまり『脳』の連想の質が、人生の質
となるのですね。
全ての人間の行動の動機は
『痛み』や(恐怖)を避けて『快楽』や(喜び)を得る
ということであれば・・・
・何に『痛み』や(恐怖)を連想して
・何に『快楽』や(喜び)を連想するか
が自動的に、その人の出来事に対する意味づけや反応
そして、そこから生まれる行動の根本になってきます。
 
◆ですから、この連想体系を、今まで出来上がってきた
無意識のパターンに任せるのではなく
・何に『痛み』や(恐怖)を連想して
・何に『快楽』や(喜び)を連想するのか
を「意識的」に『脳』にプログラミングすることが
重要になりますね。
 
◆例えば・・・こんなことでしょうか?
■「よりお金持ちになるため」には、どういう連想をして、
どういう反応をして、どういう行動を習慣にしたらいいのか?
■「より健康になるため」には、どういう連想をして、
どういう反応をして、どういう行動を習慣にしたらいいのか?
■「よりパートナーと良い関係になるため」には、どういう連想をして、
どういう反応をして、どういう行動を習慣にしたらいいのか?
■「より毎日を楽しむため」には、どういう連想をして、
どういう反応をして、どういう行動を習慣にしたらいいのか?
成功しつづけるために『脳』のプログラミングを意識的に
変化させていきたいですね
成功の9ステップ/ジェームス・スキナー James Skinner

¥29,400
Amazon.co.jp
有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 『脳』の連想の質が、人生を支配している
■ 欲しい成果や感情を得るための連想パターン
を理解しよう
・あなたは何に『痛み』(恐怖)を連想している
のでしょうか?
・あなたは何に『快楽』(喜び)を連想している
のでしょうか?
■ 幸せなお金持ちになるように
『脳』をプログラミングしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★★
 
小滝橋通り沿いのラーメン激戦区(名づけてB級グルメ通り)
にある「龍の家」へ行きました。
夏はつけめんが美味しいですよね~ヾ(@^▽^@)ノ
もつのダシのつけめんは何度食べても飽きない味o(*⌒ω⌒)b
 
テーブルには「辛もやし」・「辛子高菜」・「ピンク生姜」が
常備してありビールのおつまみに最高です!!
つけめんが美味しいのはもちろんの事、
この「龍の家」に行くと元気になれます!!
 
スタッフの元気のいい挨拶とプラスアルファの接客
素晴らしいですね☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
お客様に感動や喜びを感じていただく為には、
まず従業員が楽しみや喜びを知ることが先決です。
前準備もできていないのに、いい結果は望めない。
逆に言うと、楽しさを知らない人、感動を知らない人が、
人に楽しさや感動を与えることはできないです。
という教育から素晴らしい接客になるのですね( *´艸)( 艸`*)
 
来て良かった~と心から思えます。
 
ありがとうございます((*^ω^) (^ω^*))ペタしてね