天才エジソンの秘密 母が教えた7つのルール/幸田 ヘンリー

¥1,575
Amazon.co.jp
エジソンは発明だけでなく事業家としても
成功しましたが、その理由は何故でしょうか?
エジソンの初期の発明は、実用化できないで
お金にならないものがあり、金銭的に窮する
時期が多かったそうです。
そこで、エジソンは自分の発明研究所に
『世の中が必要としているものをつねに探せ。』
ということを浸透させ、実用化できるものしか
発明しないようにしてきたそうです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
世の中が必要としているものをつねに探そう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆エジソンは、白熱電球を発明しただけでなく
白熱電球の売り込みのための合弁会社を成立して
直流の電力を供給するシステムを確立させました。
エジソンは「電球を発明した」人物として有名ですが、
ゼネラル・エレクトリック (GE) の社長も勤め
実際は、電球のような家電を含めて発電から送電まで
電気の事業化にも成功しました。
 
◆エジソンの白熱電球の特許の有効性については
訴訟が起こり、裁判で特許 (番号223,898) が
有効と判定されるまでに時間がかかりました。
エジソンは自らの発明の権利を守るため訴訟を厭わなかった
ことから「訴訟王」の異名もあります。
 
◆アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、
1994年から2006年まで13年連続の世界一となった。
世界一の億万長者ビルゲイツの成功のきっかけを
聞いたことがあります。
1980年代、ビルゲイツがまだ駆け出しのころ
・IBMで
『困ったことは、ありますか?』と聞きました。
・するとIBMからは
「IBMでは自社開発のOSがないんだよ。」といわれました。
・ビルゲイツは
「わかりました、次回OSをご紹介しましょう。」といいました。
 
◆ビルゲイツは、このあとOSを探して、シアトルでOSを見つけます。
「Seattle Computer Products社」から$56,000で手に入れたOSを
マイクロソフトの(MS-DOS)として、IBMにライセンス供給を始めました。
さらにビルゲイツは、IBM以外の他社にもライセンスでOSを供給する
ことを始めます。
・例えば、NECにいき、「このOSは、IBMが使っています。」
・富士通にいき、「このOSは、IBMと富士通が使っています。」
こうして(MS-DOS)のライセンス供給で、時価総額が20兆円とも
いわれる今のマイクロソフトの基盤を築きました。
 
◆ビルゲイツが
IBMで『困ったことは、ありますか?』と尋ねたことから
マイクロソフトのOSのライセンスビジネスが始まったように・・・
・エジソンが発明をするときに、事業家として
『世の中が必要としていることを、常に探して』発明をしたように
『世の中が必要としていることを、常に探し』
より効果的に提供していきたいですね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 成功している事業家の共通項を学ぼう
■ 市場に聞いてみよう
■ テスト・テスト・テスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★★
 
最近、外で飲むビールの美味しさに
はまっています。
夜風に吹かれながら飲むビールは最高です。
なぜか・・・?お店で飲むのと違い、
ビール1杯でいい気分なんです☆*.。((〃’艸’〃))。.☆
 
静かな雰囲気と水の音で最高の癒しなのかもしれません。
昨日は、聞こえてくる音が
蝉の声から、虫の声に変わりました。
秋がもう、すぐそこまで来ていますね。
 
ありがとうございます。
YOUTUBEで笑える動画を発見しました。
なんと1日に2万アクセスもあるそうです。
是非、観て笑ってください♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*