快人エジソン―奇才は21世紀に甦る/浜田 和幸

¥1,631
Amazon.co.jp
発明王といわれるようになったエジソンは
数多く「含蓄のある言葉」を残しています。
■「発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ。」
■「私たちの最大の弱点は諦めることにある。」
■「成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ
試してみることだ。」
■「楽しみながら学ぶのがベストだよ。」
■「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。」
エジソンの、このような「言葉の真意」は
どこからくるのでしょうか?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
エジソンは諦めないことの天才だった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆1876年、エジソンは「電話機」の発明競争で
グラハム・ベルに先を越さ、特許を取得されます。
その理由は、エジソンの発明した電話機は、途中で音が
減衰してしまうためでした。
エジソンはその音を一度、中継地点で録音して
その音を再生して相手に届ける仕組みを研究していました。
これが、翌年1877年12月6日のエジソンの「蓄音機」に
つながります。
 
◆蓄音機の発明は電話機の発明でベルとの競争にやぶれた
エジソンが諦めなかったために生まれたものといえます。
・「発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ。」
・「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。」
・「成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ
試してみることだ。」
 
◆エジソンは、電話の研究をしていたこの時期、
電話機の音を紙テープに機械的に書き込み、電話がなくても
後に電話会社に依頼して電文を送信してもらえる仕組みを
作ろうとしていました。
この過程でエジソンは
「音を記録するのに、何も電話に固執することはない。
音を記録し、再生すること。それこそが重要だ」と氣づきます。
 
◆エジソンの蓄音機は「話す機械」として喧伝され
大いに評判を呼びます。
ですが最初のこの蓄音機は、評判のわりに性能が低く
実用化にはほど遠いものでした。
そんなとき、再びベルがエジソンの前に立ちはだかります。
 
◆ベルが蓄音機の実用化に名乗りをあげたのです。
ベルは錫箔にかわり、ろうを塗布したボール紙円筒を考案。
録音と再生で針を別にするなど音質の向上につとめました。
さらに、ゴム管のイヤホンをつけ、聞きやすくするなどの工夫を加え、
1888年、実用化に成功しました。
 
◆ベルの蓄音機はエジソンの闘志をかき立てたといわれています。
ベルの蓄音機の実用化成功を知ったエジソンは、
その日から不眠不休で開発に取り組み、5夜連続の徹夜作業の末
第2号機のエジソン式蓄音機を完成させました。
このとき、彼は徹夜明けの姿を写真におさめています。
※顔全体は腫れぼったいものの、目をぎらつかせ、
不機嫌そうに自作機の前で頬杖をつくエジソン。
 
◆電話の発明競争でも、不思議なお話しがあります。
1876年10月3日ボストン大学の
グラハムベルが「電話機」の発明に成功して特許を
取得しました。
この同じ日、ベルの電話の特許取得から、なんと2時間後に、
シカゴのイライシャ・グレイが、ベルとほとんど全く
同じ内容の電話の特許を出願します。
とろがベルに僅かに遅れをとったため却下されました。
 
◆ただし・・・グレイは後にファクシミリの原形となるもの
を発明して名誉挽回をしました。
 
そしてその翌年1877年、ベル電話会社が設立されます。
これが後のAT&T社として、電子工学分野などで数多くの
有能な人材輩出してゆくこととなりました。
 
◆成功した発明家に共通することは・・・
たとえ、他の人に先を越されるときがあっても、
世の中が必要としているものを常に探し、
実用化するために、よりよく改良を加えて
諦めないことなんですね。
 
そして、この情熱や忍耐力から現代のGEや、AT&T
が生まれたということは凄いことですね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■「人間離れした天才だって? 
人間離れなどしていない。
私はあきらめないことの天才なのだ。」
■「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。」
■「成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ
試してみることだ。」
         
     トーマス・アルバ・エジソン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
 
外で『から揚げ弁当』をいただきました。
『から揚げ』は子どもの人気おかずNO.1ということですが
大人が食べても、食べ応えがあり美味しいですね。
 
公園に流れる水のせせらぎの音を聞きながら
木陰でいただくお弁当もいいですね。
 
今、会社にお勤めの方がランチに平均して使う
お金は400円ということをお聞きしました。
日本には美味しくて、安いものが多くて
嬉しいですね。
有難うございます。