稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか (PHP文庫)/稲盛 和夫

¥500
Amazon.co.jp
京セラの名誉会長、KDDI最高顧問で
日本航空の再建に取り組まれている
稲盛会長は経営について
経営者は、まず事業の具体的な目標を設定
しなければならない。
経営者は『強い願望をもち
自分自身と自分が達成しようといることは何か?』
を生き生きと目に見えるように描けることが必要だ
といいます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
強い願望をもとう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆優れた経営者とは、事業をどのように運営するかについて
頭の中に鮮明なイメージを持ち、それをいつも強く持っている
人です。
そのようなイメージを会議のときにだけもつのでは
不十分なのです。
真の願望は、1日24時間ずっと持ち続けなければなりません。
 
◆稲盛会長はいいます。
あることを成し遂げたいという
夢「理想」を抱いて同じ夢を追求しつづけていると
その夢がどんどん鮮明になり、細かいところまで
わかるようになり、ついにはカラーで見えるようになります。
それがビジョンです。
そして、そういう心理状態になったときに、
自分のビジョンが実現するのが、わかるそうです。
 
◆稲盛会長は、セラミックの研究をしているときに、
まるで一寸先は濃い霧に中のように、途方にくれたことが
よくあったそうです。
それにもかかわらず、自分が捜し求めている種類の
セラミックは必ず作れるはずだ、と思い続けていました。
 
「こういうセラミックをつくりたい、これはこういう特質を
持っていなければならない。これとあれとを混ぜて、
炉に入れて、この温度で焼き固まるまで加熱すればいい。
できないはずがない!!」
 
◆実際には、不純物などが原因でできあがったものは、
予想したものと違うこともありました。
しかしそれを良く調べてみると・・・
どこで間違いが生じて、どこでコントロールを失ったのかが?
よくわかりました。
そして次のビジョンは、もっと明確でしっかりとコントロール
されたものになったのです。
◆稲盛会長は、
「自分自身の人生は
夢をより確かなものに練り上げながら実験を繰り返し、
ビジョンを追求することの連続だった。
そして、それを続けることができたのは
「情熱」のお陰だといいます。
 
◆「情熱」を持つためには、今、自分がしていることを
「好きだ!」と自分自身に信じ込ませるのです。
そうすれば仕事はどんどん上達していきます。
そして間もなく「情熱」をもつようになるのです。
そうなれば成功は事実上、保証されたも同然だと
教えてくれます。
 
◆稲盛会長が、強く持続した願望を持ち続けるために
いつも
「自分が達成しようといることは何か?」を
問いかけて・・・
その結果とプロセスを生き生きと目に見えるように
頭の中に思い描き、自分自身の潜在意識に落とし込んでいたこと、
そして、たんに自分の願望を繰り返しイメージするだけでなく
実践と検証、改善を続ける中で
ゴールの細部まで、カラーで鮮明にイメージできるビジョンに
まで高めていたことが伝わってきますね。
有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■優れた経営者とは
事業をどのように運営するかについて
鮮明なイメージを持ち、それをいつも強く持っている人である
■夢をより確かなものに練り上げ、
実験を繰り返し、ビジョンを追求しつづけよう
そして、これをやりつづけるために「情熱」をもとう
■今、自分がしていることを「好きだ」と自分自身に
信じ込ませることで、仕事はどんどん上達する
そして間もなく仕事に「情熱」をもつようになる
そうなれば成功は事実上、保証されたも同然である
           
         稲盛和夫会長
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
 
丸亀製麺で、マル得ざるうどんをただきました。
マル得ざるうどんは、麺が1.5人前で
2種類の食べ方が楽しめるという
まさに、一杯で2度美味しい「ざるうどん」です。
 
1杯目は、茹でたてのザルうどんを
だし汁に薬味を入れていただきます。
しこしこつるつるが、たまりません!!
 
2杯目は、温泉卵とだし醤油を入れていただきます。
夏の終わりの、「ざるうどん」もいいものですね。
有難うございます。