自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語/井上 裕之

¥1,365
Amazon.co.jp
井上裕之先生は
「自分の過去の経験に拘り、学ばないこと
は小さなことだ。」といいます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
『潜在意識』を良い言葉、良い感情、良い考えで満たそう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆なぜなら世の中には普通の人の常識では
なかなか出来ないことをやっている人がいます。
そういう凄い人を見たことがない人は無意識(潜在意識)に
「そんなこと、出来るわけない」という
思い込みがあるのです。
 
◆例えば、井上先生の知り合いに
納税額で長者番付に掲載されていた
とても明るくて有名な女性社長がいるそうです。
あるお食事会で、その女性社長に
「いったい、いくらくらい貯金があるのですか?」
という大胆な質問をされた方がいるそうです。
すると、その女性社長は・・・
「50億円までは数えたけど!」
と答えられたそうです。(笑)
 
◆この当時、井上先生は微妙な感覚を感じたそうです。
「この明るい女性社長と自分を比べてみると・・・
話している内容は、殆ど変わらないのに
なぜ、この女性社長には、こんなに資産があるのだろう?」
と不思議に思ったそうです。
 
◆そしてその後、この女性社長の話しをよく
聴いて観察してみると・・・
この女性社長は
「1%もネガティブな感情をもっていないし
1%もネガティブなことを言わなかったのです。」
さらにこの女性社長は「ついてる、ついてる」といって
人を誉めつづけ、とにかく楽しそうで、ポジティブに満ち溢れていたのです。
まさに斎藤一人さんが教えて下さるように
言葉も、感情も「肯定の金太郎アメ状態」なのですね。
斎藤一人 絶好調 [CD2枚付]/斎藤 一人

¥1,575
Amazon.co.jp
◆さらに井上先生のお話しはつづきます。
「人に悪いことが起きるときは、その人の状態がよくなかったり
ネガティブな言葉を使っていたり
悪い感情を抱いてるときが多いように感じます。」
「逆に、人が100%良い状態で、良い言葉を使い、
さらに良い感情でいれば、流れが良い方向に向かうことが多い。」
「もし、それでも悪いことが起きる時は・・・
一度、立ち止まってその出来事の意味を考えることが大切です。
なぜならその出来事が、何かの大切なシグナルかも
しれませんからね。」
例えば・・・
・「自分が氣づいていないことを、氣づかせてくれる」とか
・「次のステージにいく機会」とか
・「身体を休めて、考える時間をとる時期」とか
 
◆ちなみに井上裕之先生は、歩いているときも、
寝ているときも「速聴」を活用して質の高い情報を
聴き続けているそうです。
こうすることで潜在意識(無意識)に、良質な情報が
大量に落とし込まれ、日常生活で、なにか選択が必要なときや
人から相談を受けたときなどに
潜在意識(無意識)が、自然と良質な選択をできる
ようになると考えているからです。
 
◆自分の潜在意識(無意識)に、良い情報しか入って
いなければ良い選択や行動が無意識に生まれやすくなる。
要するに井上先生は、つねに自分で自分自身の
潜在意識(無意識)を良質な情報で大量に満たす・・・
つまり過飽和入力することで、プログラミングしているのですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■潜在意識(無意識)に、良い情報しか入って
いなければ良い選択や行動が無意識に生れる
■潜在意識に良い情報を、過飽和入力しよう
■潜在意識(無意識)が、自然と良質な選択をする
ようにプログラムしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
ランチで六本木ミッドタウンのA971にいきました。
 
A971は、カフェ・カンパニーが直営されている
ということで、話しがしやすく、とても居心地のよい
サードプレイスです。
六本木ミッドタウンにきたときは、スタバで
待ち合わせをして・・・
その後A971で食事をいただくのが定番です。
2Fのランチはハンバーグの1プレートランチに
コーヒーをいただいて1000円丁度でした。
 
■「A971」や「ワイアード・カフェ」など
全国に約40店のカフェを運営する
カフェ・カンパニー。
カフェ・カンパニーの楠本修二郎社長は、
今でこそ飲食業の主流になったカフェ文化を
黎明(れいめい)期から手掛けた方です。
現在はマンションや商業施設向けにカフェを
核とした空間プロデュース事業や、カフェの開業を
支援するプロデュース業も手がけています。
 
■楠本修二郎社長の考え方はとてもユニークで
さくらはサードプレイスという言葉と
コミュニティーに新しいインスピレーションを
カフェ・カンパニーの楠本修二郎社長から学びました。
楠本修二郎社長は「今は下山の時代」だといいます。
今の日本市場は、山登りに例えると登頂が終わって下山の時代。
 
■市場も人口も拡大していた頃は同じマーケットのなか
でのシェアが重要だった。
でも下り坂になった今、重視するべきは、
マインドシェアだと思う。
生活者を、単に消費する人と見なすのではなく、
彼らが自分たちのビジネスに共感してくれる仲間に
なってくれるような提案の仕方だ。
 
■例えばカフェなら、その店がお客のライフスタイルや
意識の中に強く入り込んだ存在であれば、ランチから
打ち合わせ、夕食と1人の人が1日に複数回、愛用し
てくれる。
すると1人のお客様も複数の購買対象になる。
■ライフスタイルに欠かせない仲間になるように、
個々の生活者の心のなかでその店の存在感(シェア)
を高めること。
そこに成熟した市場でもチャンスがあるのではないか。
■社会学などで提起されている理論だが、物が満ち足り
て、自己実現もかないやすくなった成熟社会で求めら
れるのは、コミュニティーへの欲望だと言われている。
コミュニティーの中で人とのつながり、共感を得る
ことができる。
その場を自宅、職場に次ぐ「サードプレース」と定義する
ことができる。
私はカフェを始めたころから、このビジネスは
コーヒーや食べ物を売る業態ではなく、
「サードプレースの提供」と位置づけてきた。
■では「サードプレースの創出には何が必要」か。
私はローカリティーだと思う。
その土地やそこに生活する人には、固有の
ライフスタイルや歴史、希望などがある。
それをカフェを通して掘り起こすことを大事にしている。
かつて東京・高円寺に出店した業態は定点観測すると
1時間に3人しか歩いていない立地だったが、
この発想で店を作って月商1300万円のビジネスが
成り立ったこともある。
■日本に限らずどの国でも、都市が成長すると同質化し
てしまう。
全国の商業施設の顔ぶれにも今は大差がない。
小売店や商業施設が買い場のままだとどうしてもこうなる。
まずは買い場ではなく、生活者が集う場との意識を
強く持つべきだ。
人々の集いやコミュニティーが生まれて、そこに消費が
生まれる時代であり、そうした提案が求められる。
 
■カフェ・カンパニーはこちら
http://www.cafecompany.co.jp/
※JFWのWEBから引用