ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム/苫米地 英人

¥1,470
Amazon.co.jp
DR.苫米地は、
意識の中にある居心地の良い場所を
コンフォートゾーンといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
そして自分の行動性向がブリーフシステムに
よってできあがると、自分のブリーフシステムに
合致したものがコンフォートゾーンになるといいます。
だから例えば、年収500万円で満足しているひとは
宝くじで1億円があたっても、落ち着かなくなり、
あっという間に使い果たしてしまうことも
よくあるそうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「人間は自動成功装置である」
          マクセル・マルツ博士
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆コンフォートゾーンを維持しようとする傾向が
はたらくことを「ホメオスタシス」といいます。
「ホメオスタシス」は同一の状態を意味する
ギリシャ語ですが、日本語では恒常性維持機能
と訳されるそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆コンフォートゾーンのサーモスタットのような働き
をするのが「ホメオスタシス」なのです。
夏にクーラーでで室温を27℃に設定すると
クーラーで室温が27℃より低くなると
自動的にクーラーのスイッチが切れ
逆に、室温が27℃より高くなると、またクーラーの
スイッチが入るのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆人間の『脳」は
コンフォートゾーンの外側の出来事が殆ど見えずに
スコトーマ(盲点)になるそうです。
だから年収500万円の人には、目の前にたとえ
1億円の稼ぎ方があっても見えないのです。
逆に、年収が500万円がコンフォートゾーンの
人は、年収が400万円になると、アルバイトして
でも元の年収に戻すことを考えます。
これも「ホメオスタシス」なのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆そしてこの「ホメオスタシス」の適応空間が、
室温や体温だけでなく所得やものの考え方、
会社の業績も含めた情報空間などにも
それぞれのコンフォートゾーンを維持する
ように広がっているのです。
「ホメオスタシス」は、無意識に
自分が快適な場所に逃げ込もうとします。
だからこそ、自分の「脳」のコンフォートゾーンを
あげていかないと、あなたがなりたい理想の自分に
近づいていかないのです。
◆例えば、あなたが会社で「部長になりたい。」
と思っても・・・
無意識に部長は、上から怒られ、下から突き上げられ
大変だと思うと、あなたの「ホメオスタシス」は
自然に元の楽な、立場や役職へと戻してしまうのです。
◆ですからあなたが部長として成功するためには
・「自分は部長として成功する仕事ができる」
・「自分は部長として成功することが、ふさわしい
人間だ。」
というようにコンフォートゾーンをずらして、
自己イメージをあげる。
こうして自己変革をすることが、必要になります。
マクセル・マルツ博士は
「人間は自動成功装置である。」といっています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■人間の『脳」はコンフォートゾーンの
外側の出来事は殆ど見えない
■あなたが理想の自分になるために
コンフォートゾーンをあげていこう
■自己変革をつづけよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
「塩ちゃんこのお鍋」をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
具は鶏肉と鳥のつくね、白菜、ほたて、大根
お豆腐とお餅巾着、シイタケと盛りだくさんです。
「塩ちゃんこ」は柚子胡椒でいただくと
上品なお味で素敵です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
お鍋は、身体が温まるだけでなく
お野菜をたくさん食べられるのが嬉しいですね。
冬の楽しみのひとつです。
有難うございます。