世界一簡単に目標がかなう 成功脳の作り方/苫米地 英人

¥1,365
Amazon.co.jp
DR.苫米地は、ルータイスの自己実現システムで
ゴールを設定するときに
「重要な原則が 2つある」といいます。
① 脳は重要なことしか見えない。
② 重要な変化は、内側から起こり外側へと伝わる。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
ゴールにコンフォートゾーンを設定しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆DR.苫米地は、ゴールのリアリティー(臨場感)が
強ければ、そこにコンフォートゾーンが
設定されるといいます。
コンフォートゾーンは、その人が一番,力を発揮
できる世界ですから
ゴールに関係することが、コンフォートゾーンになる
ように設定するのです。
 
◆そのために、まずあなたが、なりたい姿や
ゴールを達成した自分自身を臨場感をもって設定しま
す。
例えば、年収500万円の人がゴールを年収1億円
にしたとします。
その時、年収1億円があり、こんな仕事をしている
という場面を臨場感をもって、リアリティーを強く
想像するのです。
そしてそれが、現実だと思い込むのです。
 
◆ただし、注意点として
成功した後の姿を、どんなにイメージしても
そこまでたどりつくプロセスがわからない場合は
そのプロセスに、スコトーマ(盲点)が
存在するからなのです。
だから、成功した姿を現在形で、強い臨場感を
持って思い描き、そのリアリティーを強く感じるので
す。
するとスコトーマ(盲点)が消えます。
◆年収1億円のひとなら、財布に100万円くらい
入っているでしょう。
ところが、財布に1万円しか入っていない場合
「私の財布に1万円しか入っていないなんて、
ドロボーだ!!」と本氣で叫ばなくてはなりません。
これくらい臨場感たっぷりに、イメージして思い込み
、感じ、話しふるまうのです。
◆ですから欲しいゴールを達成するために重要なのは
①そのゴールを達成した自分自身、ゴールを達成した
結果を
最大限、臨場感をもって思い描き、さらに身体で感じ
ること
②そして、そのゴールのために「今こうしているはず
だ!!」
という経過、つまりそのプロセスも、リアルに想像し

思いこむことなのです。
◆なぜなら、あなたの脳はゴールのイメージの
リアリティーが強ければ、
勝手にその場所にコンフォートゾーンを
設定して、その状態を実現するために、
内側の世界と、現実の外の世界を同一に
するホメオスタシスが自然に働くからです。
◆リアリティーのあるゴールを設定するためには
「ブリーフシステムの3要素」を活用することです。
「言葉(ワード)」だけのアファメーションではなく
「画像(ピクチャー)」の最後に、強い
「情動(エモーション)」を乗せるのです。
つまりあなたが、あなたの内側で
「欲しい未来を、目で見て、耳で聞いて、身体で
感じるのです。」
◆すると、あなたがイメージして、臨場感たっぷりに
リアリティーをもって感じたことが、
強烈なブリーフとなり、氣づきや、行動につながり、
外の世界で、現実に向かって動き出します。
つまり、あなたのブリーフシステム『信念』を
設定しなおすのですね。
すると、自然に成功のレールにのるのです。
人間の自動成功装置が機動しはじめるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 脳はゴールイメージのリアリティーが強ければ、
勝手にその場所にコンフォートゾーンを設定する
■ リアリティーが強いゴールイメージは
内側の世界と外側の世界を同一化するために
ホメオスタシスが自然に働く
■ ゴールを達成した結果だけでなく
その経過、つまりプロセスもリアルに思い描こう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
新潟の地酒の『雪中梅』をいただきました。
お鍋と一緒にいただくと口当たりが
よくて、お酒がすすんでしまいますね。
有難うございます。
ここからは『雪中梅』の歴史です。 
 
◆新潟には「越乃寒梅」石本省吾氏、
「雪中梅」丸山三郎次氏という2人の酒造りに
憑りつかれた翁が存在した事は、
いつまも語り継がれてゆく事でしょう。
新潟の自然の恵みが生んだ超軟水が雪中梅の源です。
 
◆「雪中梅」は売れずに
苦労された時代があったそうですが
昭和40~50年にかけて「雪中梅」のお酒の評
価がグングン上昇し地元でも入手が困難なお酒にな
りました。
◆雪中梅の造りの基本は
必要以上に高度な精米を施さないこと、
そして「麹」にあります。
「普通酒」と比較すると、軽いタイプの
甘口になっています。
◆昭和47年の第11回全国清酒類調味食品品評会で1位
・2位を独占して以来新潟の代表的な銘酒として
全国的にその実力が知れ渡りましたが、
それ以前から地元で
も入手し難いお酒と言われておりました。
先々代当主 丸山三郎次氏が
「地元の人に少量で満してもらえる美味しいお酒を」
との思いで造りだされたのが、「雪中梅普通酒」です

受け継がれた
「甘口でコクがあり、まろやかで美味しい」酒質は、
キレの良さも加わり進化を遂げているといえます。
 
■ 蔵元 ■
(株)丸山酒造場~雪中梅本醸造
蔵元のルーツは麹屋から発展しての酒造業で
創業は明治27年
■ 雪中梅本醸造 ■
・原料米 五百万石/トドロキ早生
(精米歩合 68% 日本酒度-3.0 酸度1.1) 
・アルコール度 15~16度