斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人

¥560
Amazon.co.jp
斎藤一人さんは
「大人の目」を持つこが大切だ、といいます。
中国では、大人(おとな)のことを
大人(たいじん)というそうです。
中国では・・
「物凄いお金持ちが、お金がない人に、恵のは当然だ!!」と
思っている人がいます。
 
例えば、中国の物凄いお金持ちが、縁日でナツメを買ったとします。
この時に、ナツメを売った相手が、量を半分
ごまかして、ナツメを半分しか渡さなかったとします。
 
中国では、こういう時、ギャアギャアさわいだりしないで
悠然と歩いている人を、大人(たいじん)の
大金持ちというそうです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「大人の目」を養おう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆斎藤一人さんは、精神的に大人になることが大切
だと教えて下さいます。
例えば、通販で成功した会社のパーティーに
呼ばれた人が、普通なら、相手の会社のお祝いだから
「素晴らしい業績、おめでとうございます。」と
その主催者を讃えて、お祝いをいうのが普通なのに
「実は俺も通販をやろうと思っていたんだよ。」と
威張っている人がいたことがあるそうです。
廻りから見たら、この人は
「誰のための、お祝いパーテーィーかわからない
何て、小さい人なのだろう!!」と見られます。
 
この人は『自分と相手しか、見えていないのです。』
廻りの人から自分を見る視点がないのです。
◆一人さんはある時、ガソリンスタンドで・・・
外車を擦った、スタンドの若い店員さんを
車の中から怒鳴りちらしている人を見たそうです。
廻りの人からみたら・・・
「なんだ、アイツ!!」と嫌な感じになりました。
なぜなら、この外車から店員を怒鳴っている人は
『その人と自分しか見えていないのです。』
この人も、廻りの人からの視点がないのです。
 
こういう人は、身体だけ、大きくなった子供だよ。
ちゃんと『大人の目』で見たら、廻りの人の視点で
見えるのです。
確かに、中国の大人(たいじん)を、少し見習った
方がいいのかもしれませんね。
 
◆一人さんは教えて下さいます。
「自分と相手しか見えないで、廻りの人の氣分
が悪くなるようなことを、ギャアギャア騒いでいる人
は、身体だけが大きくなった子供だよ。」
確かに、小学生や中学生のように自分の立場だけ
しか見えない人の立ち居振る舞いは、廻りの人
を嫌な気分にします。
反対に、自分だけでなく、相手や、廻りの人の氣分が
よくなる大人の立ち居振る舞いはかっこいいですね。
『大人の目』を養って、より成長していきたいですね

有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 心の眼を広げよう
■ 精神的な成長を続けよう 
■ 自分も廻りの人も気持ちいい
『大人の目』を養っていこう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
 
「月の雫」の500円ランチに来ました。
鳥の唐揚げの油淋鶏をいただきました。
油淋鶏(ユーリンチー)とは、鶏のから揚げに、
刻んだ長ネギをたっぷり入れた酢と醤油のタレを
かけた中華料理です。
 
新宿郵便局前にある「月の雫」の500円ランチでは
大きな大きな鳥の唐揚げを油淋鶏ソースで頂きます。
さらにご飯や、お味噌汁、卵や、お海苔も
お替り自由ということで、男性に大人氣の
ランチですね。
有難うございます。
 
■月の雫 500円ランチはこちら
http://www.sankofoods.com/news/all_event/lunchpop.html