10億分の1の男 デラックス版 [DVD]/レオナルド・ス

バラグリア,ユウセビオ・ポンセラ,モニカ・ロペス

¥4,935
Amazon.co.jp
尊敬している事業家の強運の師匠は映画「10億分の1の男」は「勝ち組」の必見映画だといいます。
・『運』とは何か?
・『不運』とは何か?

を知りたい人が,廻りにたくさんいたので
探してきて見つけたのが映画「10億分の1の男」です。
そして、多くの「勝ち組」が、この映画
「10億分の1の男」からたくさん学んでいること
を教えて下さいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
世の中は繋がり合っている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆映画「10億分の1の男」のオープニングでは
 
① カジノのルーレットで、当てつづけてる
とても『ついてる、スキンヘッドのおじさん』が
でてきます。
あれは『運』です。
スキンヘッドのおじさんはルーレットで
36分の1を、何回も繰り返し当てます。
 
始めは、このおじさんに『運』があります。
②ところがスキンヘッドのおじさんが、
あまりにルーレットで当てるので・・・
いよいよカジノのオーナーの逆鱗に触れ、
フェデェリコが登場します。
③映画の中では・・・
フェデェリコが、このついてるスキンヘッドの
おじさんの手の甲に触れると・・・
 
その後『運』は明らかに、スキンヘッドのおじさんか
らフェデェリコに渡り、スキンヘッドのおじさんは
ルーレットを外します。
④ 逆にフェデェリコはスロットマシンを当てて
『運』をどこかに運んでゆきます。
 
◆尊敬している事業家の強運の師匠は
「この運の流れは、現実にもそのとうり。」
といいます。
ただし、現実と一つ違うところは
身体を触られた人間が、この後『全ての運』を
失って抜け殻になるということはないそうです。
◆尊敬している事業家の強運の師匠は、映画「10億分の1の男」には
関心したといいます。
なぜなら『運』をあそこまで、解き明かした映画は
ないからです。
映画「10億分の1の男」は、理屈にかかわらず
「全て世の中のものは関わり合っている。」つまり
「関連して繋がっている。」という考え方です。
つまり「シンクロ!シンクロニシティーという
状態です。」
◆例えば「100匹目の猿」現象です。
「どこかのお猿が、イモを洗い始めたら
同じ日に地球の裏側のお猿さんも、イモを
洗い始めた・・・
お猿さんが、情報を地球の裏側に送る高度な
情報網をもっていることは、現時点では考えら
れない・・・
ところが地球の裏側にいるお猿さんが同じ日に、
同じことを始める。
こういう状況が、シンクロです。
(ユニクロではありません)☆(*^o^)乂(^-^*)☆
◆ 問題は、こういう世の中の全てが繋がり
合っている状況を信じるかどうか?
「この世の中の繋がり合いを信じて、それを
活用して或るところまでいくと『強運』が得られる」
というのが映画『10億分の1の男』です。
ただ、ストーリーが複雑すぎて、普通は
10回以上観ても
なかなか分からないかもしれないそうです。
◆ちなみに尊敬している事業家の強運の師匠のおつき合いがある
「勝ち組」の人たちにも、「世の中が繋がり合って
いる」ということ信じている方が多いそうです。
映画『10億分の1の男』では、フェデリコが
強運のカジノのオーナーに
「あなたは老衰では死なない。」という言葉を
いいます。
 
強運者は病気でも、普通の人から見たら
不利な立場に見えても死なないのです。
◆そして、これとよく似たのがベンチャーの
「勝ち組」なのだそうです。
ベンチャーの勝ち組には「オレオレ詐欺」に
騙される人はいない。
なぜなら「運」というものは、「良いもの」と
「良いもの」と「良いもの」が、積み上がって
いくからです。
「運は、積み上がっていくのです。」
◆ もしも多くの人からみたら悪い状況にみえても
それが良い結果になれば、その人はついている
のです。
そして「ついていること」が、1回、2回、3回と
重なると・・・
「あなたは、ついてるよ。」とか「運がいいね。」
と言われます。
そして、幸運がさらに重なり、長くつづくと
「あなたは強運だ!!」と
言われるようになるのです。
◆問題は、「強運を信じられるかどうか?」
強運を信じられると「強運」になります。
そして「強運者」となり、ある領域に入ると
この「強運」が落ちなくなるそうです。
世の中には
「たとえ悪い種を撒いても、良い結果になる人」
がいるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 世の中は全て繋がりあっている
■「運」を積み上げよう
■「強運」を信じて踏み上がろう
「強運者」となり、ある領域に入ると
「強運」が落ちなくなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
ごはん処「やよい軒」で、ハンバーグランチと
美味しい卵焼きをいただきました。
 
ハンバーグのお味も食べやすく、卵焼きは
ふっくらとしたお母さんのお味でした。
 
「やよい軒」は明治19年に茅場町に開店した
西洋料理のお店で、西洋料理の草分け的な存在
だったそうです。
 
それから120年、親しみやすいお料理をいつも
有難うございます。