$さくらの「ウェルシーシェフ」
南部恵治さんは
「勝ち組の事業家」は、笑って、良い氣分で
1日をすごしていることをを教えてくださいます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
笑って一日を良い気分で過ごそう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「楽天的」ということも「勝ち組の事業家の資質」
なのですね。
「勝ち組」は、例えば、会社の経営会議などで、
たとえ議論に負けても「キレる」ことがないそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
後で、お茶や、お菓子で仲良くなって、見事な対応をして
後から考えると・・・
どちらが勝ったのかが、わからないことなどが
あるといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆またその人が「勝ち組」か「負け組」かは
その人の「口癖でわかる」そうです。
口癖で「プラス思考」か「マイナス思考」かが
わかるからです。
「勝ち組」は、いい口癖をしています。
・「さすがだね!」
・「素晴らしいね!」
・「いいねえ!」
これを3回くらいいわれると、ヤル気になっちゃいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ちなみにアメリカには、人を褒める口癖が
たくさんあるので
「このような口癖を身につけていただきたい。」と
教えてくださいます。
・アンビリーバボー
・エクセレント
・グレイト
・マーベラス
◆「悪い口癖」は絶対にだめです。
「負け組」の口癖は、例えば
「別に・・・」、「うそ!」、「また・・・」
「なんで?」などです。
「負け組の口癖」は
まずは注意することでより良く変えていきましょう。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
さらに詳しくお知りになりたい方は、南部恵治さんの
書籍『勝ち組の共通項』をお読みください。
勝ち組の共通項―人生ゲームを楽しくあがる77の習慣/南部 恵治

¥1,470
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■「勝ち組」か「負け組」かはその人の口癖でわかる
■ 勝ち組は「プラス思考」、負け組は「マイナス思考」
■ 人を褒める、いい口癖を身につけよう
悪い口癖は注意して、良い口癖に変えよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
$さくらの「ウェルシーシェフ」
赤坂にある鳥料理専門店の「ぢどり屋」さんに
来ました。
炭火で一気に焼き上げる「もも焼き」と「たたき」は
噛むほどに甘味がほとばしり、ジューシーなお味は格別で
す。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「ぢどり屋」は創業昭和50年の老舗から暖簾分けした
もも焼きの専門店で、入手困難な上質な鶏を九州から直接
仕入れ、
もも焼き一筋の職人技が他所とは一味違うそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
他にも、佐賀嬉野温泉の「溶ける温泉豆腐」の香りが良く
美味でした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■ぢどり屋さんはこちら
http://www.fc-zidori.com/index.html
有難うございます。