勝ち組の共通項―人生ゲームを楽しくあがる77の習慣/南部 恵治

¥1,470
Amazon.co.jp
南部恵治さんは、人生では
全員がそろって「本命だ!」と思ったものは
期待ハズレのことが多いといいます。
例えば、皆が揃って・・・
・あの事業は、成功するよ!
・あの株は、必ず上がる!
・学生時代に、優秀だから成功する!
といわれたものが勝ち続けることは
少ないようです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
過去を振り返らない人が、前に行く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆他にも・・・
・「介護は、人が足りないから、介護がいいよ」とか
・「スチュワーデスが、人手不足だからいいよ」とか
いわれると、多くの人はそこに向かおうとします。
ところが、多くの人が向かうところで
「良い所」は、やはり意外に少ないそうです。
例えば30年前は「歯医者がいいよ。」と言われて
ましたが、現在、歯医者の経営は、5分の1が
厳しいそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆私たちが暮らすこの世界は、たった「92の原子」
でできているそうです。
だからこの世は、その絡み合いのなかでできている。
これと同じで、世界に人間が66億人いて
全員が違う個性のある存在なのです。
その人たちが電子で絡み合っているのです。
その絡み合いでいろんなものが生まれるのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆南部恵治さんはいいます。
我々はバラバラに見えても実際はつながっている。
空間の中で、一人一人、ばらばらに見えますが、
人と人の間にも酸素や水素、窒素などでつながってい
る。そして電子が絡み合っている。
だから、その絡み合いを利用すると
「願いは叶って当たり前」なのです。
◆「電子は、絡み合う性質をもっている」のです。
その「電子の絡み合い」を利用したら、夢は叶って
当たり前。
つまり「人との絡み合い」なのです。
例えば「車が欲しい」となると・・・
実際にそのように、廻りが動くのでしょう。
そして「車が手に入る」
◆この「絡み合い」の中に私たちがいて、その中で
「勝ち」と「負け」が決まるのです。
南部恵治さんからみた勝ち組は、競争で勝ったのでは
なく,どうみても先着順で成功した人が多いといいま
す。
少なくとも先生が言うみたいに「優秀な人」が社会で
成功するわけではないのです。
◆「勝ち組」には、先生が太鼓判を押すような
人は、残っていないことが多いそうです。
「勝ち組」は、潜っているので、先生には
わからないようです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
そして「過去を振り返らない人が、前に行く」
今がベストで、今が将来の延長線上の一番の
ポイントなのです。
■ 南部恵治さんのブログはこちらから
http://ameblo.jp/ep-nambu/entry-10690981518.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 全員がそろって「本命だ!」というものは
期待はずれのことが多い
■ 人間はバラバラに見えても実際はつながっている
■ 勝ち組は、競争で勝ったのではなく先着順である
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★★
『八天堂のくりーむパン』が,日本テレビ系で紹介さ
れていましたヾ(@^▽^@)ノ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
品川駅に売店があると紹介されていましたが、
新宿で発見!!
何種類もクリームの種類があるなかから
まずは、定番のカスタードクリームをo(*⌒ω⌒)b
クリームのふわふわ感と程よい甘さ・・・( *´艸)(
艸`*)
パンも薄皮でやわらかく、くりーむパンというより、
デザートですね!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
八天堂は、昭和8年に森光香さんが和菓子屋として
広島の三原に興したお店です。
昭和8年は、アメリカに端を発した大恐慌が始まった
年で、暮らしが苦しくなっていく中、
「甘くておいしい和菓子を通じて、少しでも周りの人
たちを元気づけたい」という想いでお店を開いた
そうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
その後・・・
「もっともっとおいしいクリームパンができるはず。
今よりもっと口どけが良く、時間がたっても柔らかい
、飽きの来ないパンができるはず。」
そう考えて3年の歳月を費やし、数えきれないくらい
の試行錯誤の末、生まれてくれたのがこの
「くりーむパン」なのだそうです。
甘くて美味しいものを食べると、幸せなで
豊かな気持ちになりますね☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
◆『八天堂のくりーむパン』はこちらから
http://www.hattendo.jp/