無法バブルマネー終わりの始まり──「金融大転換」時代を生き抜く実践経済学/松藤 民輔

¥1,575
Amazon.co.jp
価値観が大きく変わるこの時代に
日本で唯一の金鉱山(GOLD)に特化した会社
㈱ジパングホールディングスを日本で上場している
松藤民輔さんのお話しをお聞きしてきました。
ソロモンブラザーズで年収2億円を稼ぐ証券マンとなり
起業して数千億円以上の資産を築き、その殆どを失いながらも、
廻りの人を、元氣にしながらさらなる夢の実現に向けて歩き
つづけている松藤社長は
投資をするときは『勘定』でなく『感情』でやること。
投資を『お金の勘定』でやったら、「金儲け」、「金儲け」という
人が、廻りに集まるので失敗することが多いけれど・・・
自分自身が心地よい『感情』で、さらに人からも喜ばれること
をやると成功しやすい。と教えてくれます。
 
不思議なことに松藤さんは、このことを「学んだ」のではなく
「学ばされてしまった」といいます。
---------------------------------------------—-
<魔法のレシピ>
『勘定』よりも『感情』を大切にしよう
---------------------------------------------—-
 
◆松藤民輔さんは、学生時代に権威のあるお医者さんに
「大病」と診断され、かなり行動を制限されたときが
あったそうです。
「運動をしてはダメ」
「近くの町から出たらダメ」
「勉強もしたらダメ」
当時は、権威のあるお医者さんが「病気だ」と診断すると
他のお医者さんも「あのお医者さんがいうなら病気だろう」
となってしまったそうです。
 
◆その後、薬を飲み続け大学を卒業して、日興証券でTOPセールス
となり、メリルリンチのNYに研修にいくときに飛行機に乗るとき
に薬を全て捨ててしまったそうです。
「NYで死ぬならしょうがない・・・と」
ところが、だいぶたってから
その診断は「あれは誤診だった」とわかったそうです。
 
松藤さんは、権威者に言われることよりも
自分の『勘』のほうが大切だといいます。
 
◆また、ご自身の投資や学びや趣味の記録を
『松藤民輔の部屋』というブログに書いていますが、
「儲けようと思っていないと、逆に日本一の有料ブログの
ひとつになってしまったそうです。」
 
「お金は稼ごうと思わない方が、稼げる」
それよりも自分自身が楽しくて心地よく、人から喜ばれる
こと、そして続けられることをやるといい。
というお言葉は大きな氣づきですね。
 
◆「あなたが、大好きなことで心地よく続けられることは何ですか?」
---------------------------------------------—-
<魔法のレシピ>
■ 『勘』を磨き、自分の人生を生きよう
■ 心地よいこと、人に喜ばれることをやろう
■ 心地よく続けられことを学び続けよう
---------------------------------------------—-
<さくらのB級グルメ>★★★★
新宿野村ビルにある『星空の中へ』で
ランチをいただきました。
 
こちらのお店のランチは、なんといっても晴れた日に
すぐ足元まで景色が広がる窓側のお席に座るのが
おすすめです。
 
お料理は、豚のしゃぶしゃぶの日替わり定食をいただきました。
美味しいお漬物や、蒟蒻の和え物、お味噌汁も香りが良く
楽しくいただきました。
 
1000円の定食に、コーヒーもついているので、
癒され空間としても、パワーランチにもおすすめですね。
 
■新宿野村ビルにある『星空の中へ』はこちら
http://www.nomura-shop.com/restaurant/hosizoranonakae.html
ありがとうございます。