斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人

¥560
Amazon.co.jp
楽しい魂の師匠である、斎藤一人さんのお話しを
うかがってきました。
一人さんはいつも明るくニコニコしていて素敵ですね。
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
斎藤一人さんの『波乱万丈どんとこい!』
----------------------------------------------
 
◆一人さんは、
「この世の中で、平凡に暮らせますように」とか
思っちゃいけないよ。と教えてくれます。
性格が良くて、やさしくて、勉強もできるのに
不幸な人がいるそうです。
 
◆その人は「絶対やっちゃいけないことをやっている」
そうです。
それは・・・「貧しくてもいい、平凡に暮らしたい。」
これいけないんです。
「ささやかでいいから、平凡に暮らしたい」
この考えは、いけないのです。
なぜなら「平凡につつがなく暮らせますように」と
考えていると、不幸になる人がいるそうです。
 
◆一人さんは教えてくれます。
「この世に『平凡』な人生はないんだよ。
例えば、幸せそうなお婆ちゃんに聞いてみると・・・
いきなりお見合いさせられて結婚したら、すぐに旦那が
戦争に連れて行かれて、さらに
子供が病気になって、雪の中を走り回って病院を探したり・・」
平凡な人生ではないそうです。
 
◆「もし平凡でいいなら、この世の中に生まれてくる
必要がないのです。
なぜなら人はこの世に魂の修行に来ているのですからです。
波乱万丈でいいのです。
『波乱万丈、大好き。』
『波乱万丈どんとこい』
こう考えて行動していくと、楽しい波乱万丈しか
起きないのです。
 
◆魂を成長させている人には、問題はおきないのです。
『波乱万丈、大好き!』『波乱万丈どんとこい!』
そういう人には困ったことは起きないといいます。
一人さんは16歳から社会にでて、ずっと登りっぱなしで落ちない。
例えば、一人さんは、死ぬような病にかかっても死なない。
何回も「今度は逝くでしょう。」と言われても死なない。
だって、死ぬような病気で、そのまま死んだら平凡でしょう。
(#^.^#)
なぜなら、いろいろなことが起きても
『波乱万丈どんとこい!』という気持ちでやってきたら
どんな大変なことも、クルッ、クルッとひっくり返って
楽しい波乱万丈しかなくなるそうです。
 
◆「人はこの世に魂の修行にでてきているのです。
だからちゃんと修行して魂を向上している人には
苦労はないのです。」
人生は波乱万丈で、いろんなことがあるけど
いつも心配しているよりも、人や子供に対しても
「信じているよ。」とか
「私にも人生があるけど、お前にも人生があるよね。」
といっていると困ったことが起きないそうです。
 
◆波乱万丈を「恐れる」必要は無いのです。
人は、この世に魂の修行に出てきているのだから。
恐れることなんて何もないのです。
恐れるというのは、神様がくれる勉強や
魂の修行をしたくないといっているのと同じなのです。
だから『波乱万丈どんとこい!』と思ってやっていると
クルッ、クルッと「災い転じて福となす」というように
ひっくり返ってしまうそうです。
ちゃんと魂の修行をして、向上していけば
その人には問題は起きない。
つまり「困ったことは起きない」と思っている人に
「困ったことは起きない。」といいます。
 
◆例えば、一人さんは、
「病」にかかっても、自分は一回も「病気」をしたことがない
といいます。
「病にかかっても、気に病んだことがないから
病気をしたことはないのです。
病を気に病む人が病気、気に病まなければ病気ではない
ということです。」
 
◆人間はどこでも修行ができます。
たとえ病にかかっても、「病院の中で一番、明るくなろう
と思うこともできます。」
実際、一人さんが入院すると楽しいので、看護婦さんが
一人さんの部屋に集まってきてしまうそうです。
ちゃんと魂を豊かにする修行をしていると良い方向に
いっちゃうということですね。
有難うございます。
 
◆あなたは「波乱万丈どんと来い!!」という
心構えで毎日を生きていますか?
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 病にかかっても氣に病まない 
■ この世を「魂の修行」と考えて波乱万丈を楽しもう
■ 人は「魂の修行」を一生懸命していると良い方向にいく
----------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
大戸屋さんで生姜焼き定食をいただきました。
甘くソテーされた玉ねぎと、ロースの相性がいいですね。
 
大戸屋さんの秘伝の生姜風味のタレにキャベツも
どんどんお箸がすすみます。
バジルの香りが素敵なマカロニサラダは
洋食の生姜焼きにぴったりですね。
 
お味噌汁を、少しこぼしてしまいました。
 
でも安心、大戸屋さんの定食は、木のトレーに乗っていたので
テーブルに広がらずに済みました。
「困ったことは起こらない。」ついてますね(*^。^*)
■女性がひとりで入れる、美味しい定食 大戸屋さんはこちら
http://www.ootoya.com/
有難うございます。