食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]/ジュリア・ロバーツ,ハビエル・バルデム,ジェームズ・フランコ

¥3,990
Amazon.co.jp
映画『食べて、祈って、恋をして』を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
多くの女性が直面する
「食べること、祈ること、恋をすること」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
についてエリザベス・ギルバートが自らの体験を
つづった世界的ベストセラーが、ジュリア・ロバーツ
主演で映画化されました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
人を愛して、人生を学ぼう 
---------------------------------------------
ここからは映画『食べて、祈って、恋をして』
のあらすじになります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ライターのリズはバリ島で薬療師で占い師の老人に
予言を受け、さらに、世の中を観るときは
「頭ではなく心で見ること」、そして
「4本脚でたつと安定する」という助言と1枚の
絵をもらう
夫との結婚生活に虚しさを感じているリズは、
自分を囲い込むストレスに、生きる意欲や
食欲が大幅減退。
そんな夫が、今度は
「仕事をやめてもう一度、大学で勉強し直したい」
と言い始めます。
 
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆神頼みなど殆どした事がなかったリズでしたが、
ある夜中一人祈ります。
「神様、私はいったいどうすれば」
その後、離婚を決意したリズでしたが、
なかなか応じない夫。
 
とりあえず家を飛び出したリズは、ある日知り合った
駆け出しの役者・デヴィッドの細やかな気配りや
優しい眼差しに惹かれ、同棲を始めます。 
これは恋に落ちたのではなく、夫を振り切り
現実逃避しただけ? 
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆デヴィッドとの生活にも行き詰まりを感じた
リズは、自分自身に1年間の休暇を与える事
を決めます。
 
そして以前から一度旅してみたかった土地を訪れ、
悠々自適に暮らしながら自分探しを始める。 
晴れて離婚が成立したリズは、デヴィッドの
懇願を振り切り一路イタリアに飛ぶ。 
なんのシガラミにもない自由人となったリズ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆リズの新しい恋人はパスタとワインと
ピッツァ・マルゲリータ! 
食べるのに一生懸命なので、お祈りはなし。
英語を教えます。
赤ワインは英語で・・セラピスト(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*)
「癒しでしょう。」
リズは現地で知り合ったイタリア語講師に少し心が
グラつくものの、あくまで“自分探し”がメインの
旅なので恋愛スイッチはオフ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆食べて、寝て、観光して、サッカーをみて・・・。
太ってジーパンががいらない(〃⌒∇⌒)ゞ
それでも
「食べて、寝て、観光するだけで幸せじゃない。」
という境地に達したリズは
中途半端な別れ方をしていたデヴィッドに
正式な別れのメールを送るのでした。
イタリヤ人の『何もしない喜び』もいいじゃない。
人は変化を恐れるけど・・・
だけど、壊すことも大切。
なぜならそこから新しいものが生まれる。
と感じ始めるリズ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆イタリアで「人生の境地」のひとつを手に入れた
リズは、デヴィッドが傾倒していたグル(導師)が
インドで経営している修行道場を訊ねます。
インドの食事はどれも美味しく、リズは山盛りの
インドの食事を平らげる。
ところが、肝心の修行は一向にはかどらない。
瞑想しようと足を組むものの、首筋にまとわりつく
虫や、空調の音や、その他諸々の雑念が気になって
集中出来ない。
そんなリズに何かとちょっかいを出してくる
アメリカ人男性・リチャード。
最初はただの鬱陶しい男だと思っていたリズだったが
その言葉が意外と的を得ていた為に徐々に心を開
くようになる。
リチャードもまた、心の傷を癒そうともがくリズの
姿を見て、自らの過去を打ち明ける決意を固める。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆リチャードは10年前は、アル中で手が付けられ
ないダメ人間だった。
ある日、酔っ払って帰宅したリチャードは、
うっかり自分の息子を轢きそうになってしまい、
それを目の当たりにした妻は家から出ていって
しまった。
リチャードの告白から“自分を赦す”という
気持ちを手に入れたリズは、最終目的地のバリを
目指す。
◆以前、取材旅行で訪れた時、リズの未来を予言した
薬療師を再訪し、彼に“心の調和”を得るヒントを
授けて貰おうと考える。
薬療師はリズに、早朝は瞑想をし、日中はバリの生活
を満喫することを指示する。
とにかく気楽に。 とにかく人生を楽しむこと。
イタリアで鍛え上げた“無心に食べる、寝る、
観光する”という精神
インドで習得した“瞑想術”をフル活用して、
師匠の教え通り、NOスロー、NOライフ!
な生活を送るリズ。
 
◆そんなリズはある日、ブラジル人のフェリペと
運命的な出会いをする。
 
最初はいけすかない男だと思っていたものの、
自分と同じように離婚を経験して心に深い傷を負った
フェリペに、徐々に親近感以上のものを抱き始める
リズ。
バリののどかな田園風景の中で、心も体も満たされた
リズは、人助けがしたくなった為、世界中の知りあい
に寄付金を募る。
 
◆「拝啓、世界中のおともだちのみなさま。 
もうすぐ私の誕生日ですよ。
でも悟りを開いた私は“安物買いの銭失い”
みたいなプレゼントなんて要りませんから
ドンウォーリーですよ。 
ところで、今バリでお世話になっている女医さんが、
離婚経験者で、貧乏で、シングルマザーで、
とても困っている様子なのでおうちをプレゼント
しようと思うんですけど、どうでしょうか。
どう思いますか。 
人助けしたいなぁっていう気持ちになりませんか。
この女医さんを助けるって事は、お世話にな
ってる私を助けるって事にもなると思うんですけど、ど
うですか。 
私を助けるって事は、みなさん自身の心の救済に繋がる
と思うんですけど、どうですか。
手元の小切手に何か書き込みたくなりませんか。
よおく考えてみてください。 敬具」
◆無事一戸建てをプレゼントし、“心の調和”が
最高に整った状態のリズだったが、ある日フェリペに
プロポーズをされた事で激しく動揺する。
楽しいだけの恋愛は人生の潤滑油になるけど、
結婚となると、せっかく手に入れた“バランス”が
崩れてしまうのではなかろうか・・。
フェリペの愛を拒絶し、荷物をまとめ始めるリズ。
もちろんフェリペの事は大好きだ。
しかし、あまりにも愛にのめり込んでしまうと、
また以前の様な、優柔不断でオトコに流される人生
になってしまいそうで怖い。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆後ろ髪を引かれつつ、帰国の意を伝えに来たリズを
見た師匠がいいます。
「愛のために調和が崩れることも含めて、
本当の調和は完成するのだよ」
というアドバイスを与えるのでした。
ここからは・・・
映画『食べて、祈って、恋をして』を
お楽しみください。(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*)
 $さくらの「ウェルシーシェフ」
◆人生に悩んだ時、不安があるとき、自分を探したい
時に見てみると、よい映画です。
不安や悩みを抱えていたリズが、出会った様々な
メンター達からのアドバイスを聞きながら、イタリヤ
やインド、バリ島で、様々な人生を経験してゆきます。
世界中のどこにいっても、人と仲良くなり
さらに人間から学び続けるリズ
◆リズは自分自身の問題に集中している時は、
瞑想もできず悩んでいました。
ところが、自分のことではなく、友人の為に祈り始めたら
瞑想ができるようになりました。
またリズは、家庭内暴力で辛い思いをしている友人のために
寄付を集めて、彼女の家を建設するお金を寄付したら、
その後、自分が幸せになりました。
「問題がある場合は、自分よりも問題を抱えている人
の問題の解決の役に立つことだ!
・・・すると、自分の問題は解決されている」
           ナポレオン・ヒル博士
■ 豊かさを創る質問 ■
「あなたは、人間をどこで学びますか?」
「あなたが、知りたいことは何ですか?」
「あなたは、誰の問題を解決しますか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 人間を学ぼう
■ 人は、他の人のために問題を解決し始めると強くなる
■ 愛により調和をくずすことも、人生の調和の一部である
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★
近所の八百屋さんで「はっさく」を買いました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
八朔(はっさく)の名前の由来は旧暦の
八月朔日(ついたち)になると酸がぬけ
美味しく食べられることからその名がついたそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「はっさく」は1860年頃、広島県因島市浄土寺の
境内の樹に偶発実生し、
果実は酸味と甘味が適度で、かすかな苦味があり、
果汁はやや少なめでサッパリした食味が特徴です。。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
まさに!ご説明の通りのお味でした(笑)
( *´艸)( 艸`*)
はっさくはビタミンCが豊富で1個で1日に必要な
摂取量が取れるとてもヘルシーなフルーツです♪
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ビタミンCがたっぷり取れたかな!!