ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]/吉岡秀隆,堤真一,小雪

¥3,990
Amazon.co.jp
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』をDVDで観ました。
人間て、いいですね。♪(^∇゜*)ノ”
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
過去を知れば、未来を知ることになる
---------------------------------------------
 
ここからは『ALWAYS 三丁目の夕日』のあらすじになります。
◆昭和33年、建設中の東京タワーが見える下町の夕日町三丁目。
ある春の日、短気だけど家族想いの父親・鈴木則文と、
優しい母親・鈴木トモエ、そしてやんちゃな小学生・鈴木一平が
暮らす小さな自動車修理工場鈴木オートに、星野六子と言う娘が
集団就職で上京して来た。
 
◆星野六子は、立派な会社を想像していたので失望を隠せなかった。
その頃、一平は「もうすぐうちにテレビがやって来る」と大騒ぎ!
鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営む三流小説家・茶川竜之介は、
秘かな想いを寄せる一杯飲み屋の女将・ヒロミに頼まれ、
酔った勢いで、少年・古行淳之介を預かることになってしまった。
この淳之介が竜之介の執筆する「少年冒険団」の大ファンだと知ると、
縁もゆかりもない淳之介を露骨に迷惑がっていた竜之介も
満更ではなかった。
 
◆夏になり、鈴木オートに待望のテレビが届いた。
その日は力道山の試合中継の日で、近所の人々を集めての
お披露目をした。
ところが、テレビの具合が悪くなり、故障と勘違いした
竜之介が修理に挑むが、逆に故障を悪化させばらばら
にしてしまう。
その後、「少年冒険団」のネタに困った竜之介は、
淳之介がノートに書き溜めていた話を盗用してしまう。
それを知った淳之介は、自分の考えた物語が雑誌に
掲載されたと目に涙を浮かべて喜んだ。
 
◆秋になって、淳之介の母親が住んでいる場所が分かった。
淳之介は、一目会いたさに一平と共に都電に乗り高円寺まで
出向くが、願いは叶わなかった。
晩御飯の時間になっても戻らないふたりを心配して、
鈴木家と竜之介は大騒ぎとなる。
二人は無事帰宅するが、竜之介は思わず淳之介の頬を打ってしまう。
その姿は、まるで本物の父親のようであった。
◆冬になって、淳之介に初めてのクリスマス・プレゼント
が贈られた。
欲しかった万年筆。
それは、竜之介が則文に借金して買った物だった。
竜之介はヒロミにもささやかなプレゼントと共にプロポーズする。
 
◆しかしその翌朝、父親の入院費用で多額の借金を
抱えていたヒロミは竜之介の前から姿を消し、
元の踊り子に戻って行ってしまった。
さらに淳之介の本当の父親が大手会社の社長だと判明した。
淳之介の将来を思い、竜之介は嫌がる淳之介を
無理矢理送り出した。
だが、淳之介は竜之介のもとに戻って来てしまう。
そんな淳之介を、竜之介は
「お前と俺は、縁もゆかりもないんだからな!」と
言いながら抱きしめた。
◆同じ頃、六子は嫌がっていた正月の帰省を決意していた。
六子に里心がつくからと、わざと冷たい態度を取っていた
六子の母。
それが本当の気持ちでないことをトモエから聞かされた彼女は
急いで列車に飛び乗る。
 
◆映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を観ていると
人間の愛情を感じて眼頭が熱くなります。
人との関係が薄く、隣近所との関係も減りつつある
現代と比べて、精神的・物質的に心地よいギャップを感じますね。
昭和33年というと、今から50年以上前ですから
もちろん東京オリンピックよりも前のお話しです・・・
当時、日本は高度経済成長の真っただ中で
「欧米のように豊かになるんだ!」
「家に、TVと洗濯機と冷蔵庫を買うんだ!」
と物質的な豊かさに向かい、どんどん成長してゆきます。
ところがその反面、昔の氷で冷やしていた冷蔵庫や、
その仕事はなくなり、さらにご近所や廻りの人との関係が
徐々に薄くなってきたのですね。
 
◆親が子供の将来を案じ、しっかりと躾をする姿が
以前はよく見受けられましたが、今はそれも少なくなりました。
『過去を知れば、未来を知ることになる』
50年前の日本人を描いた映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を
観ていると・・・
「経済的な豊かさ」や「精神的な豊かさ」について
本当に大切なものを考えさせられますね。
豊かなインスピレーションが沸いてくる素敵な映画をありがとうございます。
 
■『ALWAYS 三丁目の夕日』は、漫画『三丁目の夕日』を原作とした
2005年の日本映画。
昭和33年(1958年)の東京の下町を舞台とし、夕日町三丁目に暮らす
人々の暖かな交流を描くドラマに仕上がっています。
(当時の港区愛宕町界隈を想定している。)
■建設中の東京タワーや上野駅、蒸気機関車C62、東京都電など
当時の東京の街並みをミニチュアとVFX(CG)で再現した。
映画に出てくる、三丁目の住宅、商店、街並みは全てセットで再現されており、
東宝第2、9ステージ及び、館林市大西飛行場に建設された
オープンセットで撮影された。
三輪自動車ミゼット、家電、店内の商品等は殆どが各地から集められた本物。
■山崎貴監督によると当時の現実的情景再現以上に、人々の記憶や
心に存在しているイメージ的情景再生を重視した。
興行では、公開1週目と2週目に興行首位を記録。
2005年に200万人超を動員。
全国200館を越す映画館で上映延長が決定し、年越しロングラン上映となった。
最終興行収入32.3億円。
■多くの映画賞を受賞し、高い評価を得ている。
2005年12月22日、日本アカデミー賞(日本テレビ)において
全部門(13部門)で受賞。
2006年3月3日、日本アカデミー賞の最優秀賞発表では、
この13部門の内12部門で最優秀賞を獲得した。
この映画の影響として、薬師丸ひろ子の「NHK紅白歌合戦」の
出演が挙げられる。
この映画のヒットや彼女の演技が高く評価され、2005年12月28日に
紅白歌合戦の審査員として出演することが発表され、31日に出演した。
■監督 山崎貴
・製作総指揮 阿部秀司
・脚本 山崎貴 
・出演者
吉岡秀隆
堤真一
薬師丸ひろ子
小雪
堀北真希
・音楽   佐藤直紀
・主題歌 「ALWAYS」D-51
・撮影 柴崎幸三
・編集 宮島竜治
・製作会社 ROBOT
・配給 東宝
公開 2005年11月5日
上映時間 133分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 32.3億円
■ さらなる豊かさを創る質問 ■
「あなたは、未来に何を残しますか?」
「あなたは、ご縁をどのように大切にしていますか?」
「あなたは、経済的な成功と精神的な成功をどのように両立しますか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 親の氣持ち、子知らず
■ 本氣でかかわることで生まれる絆を大切にしよう 
■ ご縁を大切に義理と人情を基本に生きよう
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
戸越銀座でコロッケをいただきました。
 
戸越銀座は、日本一長い商店街ということで
名物のの戸越銀座コロッケをだされているお店が
なんと22店舗もあるそうです。
 
今日は大好きな、かたばみ精肉店の昔ながらの
揚げたてコロッケ80円をいただきました。
 
新鮮な食材と油にこだわった、熱々のコロッケは
噛むたびに新鮮な美味しさが口の中に溢れてきます。
 
お肉屋さんの揚げたてコロッケはなぜ?こんなに
美味しいのでしょうか( *^0^)ゝ♪
いつもありがとうございます。
■戸越銀次郎のブログはこちら
http://t-ginjiro.jugem.jp/?eid=162