カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/日本経済新聞出版社

¥1,680
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿 2012年5月17日放送
日本人にもっとパンを!
パンを日本に広めた企業・神戸屋の挑戦を観ました。
◆ゲスト パンの神戸屋◆
代表取締役社長 桐山健一(きりやま・けんいち)氏
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆コメと同様に、今や私たちの食生活の中で欠かせない
存在となっている「パン」!
先日発表された、去年一年間の一般家庭の食料品の支出額で、
パンが初めてコメを上回った。
パン業界各社は、日々進歩する技術を駆使し、消費者の求める
「より良いパン」の開発に力を注いでいる。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
その中で、現在、グループ全体で全国に101店舗を展開する「神戸屋」。
エキナカなどを中心に店舗を構える神戸屋だが、創業1918年と
「山崎パン」や「フジパン」など大手パンメーカーの中でも一番歴史が古い。
しかも、日本のパンの歴史の中で、数々の“日本初”を成し遂げてきた
“パイオニア”でもあるのだ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
神戸屋では“日本人にもっとパンを食べてもらいたい!”との思いを
持つ一方、あえて『手作り』にこだわり、パン本来のおいしさを
追求してきた。
「パンは僕の人生そのもの」と語る桐山社長が仕掛ける、
“日本のパン改革”とは?
※神戸屋レストランはこちら!

http://www.kobeyarestaurant.co.jp/news/index.html

■豊かさを創る質問■
・あなたの、お客様は誰ですか?
・あなたは、何故、仕事をしているのですか?
・あなたは、お客様に何を提供しつづけますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<卓越のレシピ>
パンはいろいろな夢を与えてくれる!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆神戸屋の代表取締役社長である桐山健一社長は
毎日、ランチでパンを食べて味見をしている。
「パンをいかに美味しく食べていただくか?を常に考えて
いるので、これが身体に染み付いているんです。」
桐山健一社長は、パンの話をしだしたら止まらない!
パンが大好きなのがよくわかる。
「パンはいろいろな夢を与えてくれる!
まだまだ知らない、パンの食べ方があるんですよね。」
桐山健一社長はいいます。
「パンとは、私の人生そのものですね。生き様といっても
いいかもしれません」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆収録前に、桐山社長から神戸屋のパンをもらった村上龍さんはいいます。
村上龍:桐山社長から「パンをどうぞ食べてやって下さい!」
と言われた時、『本当にパンを大事にしているんだなあ~。』というのが
伝わってきたのです。
桐山社長:神戸屋で日頃から、パンをつくっている社員にいっている
のですが、「自分たちは何故、パンをつくっているのか?」というと
パンを食べている人に
・「おいしかったよ!」といって欲しい!
・「こういう会社があって良かったよね!」といって欲しい!
この一言のためにやっているので、パンを差し上げた人に
「食べてやってほしい!」という言葉が自然に出て来るのだと思います。
村上龍:自然に出た言葉だから説得力があるのだと思います。
パン作り一筋でやってきた神戸屋のパンについてお話を
お伺いしたいと思います。よろしくお願いいたします。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「お薦めのパンなどはありますか?」
桐山社長:ワールドカップで優勝したパンもありますが、
売れ筋となりますと・・・。
これからの季節、マンゴのパンは、ちょっとでも去年よりも
マンゴの量が少ないとクレームのお電話があるような商品なので、
是非、こちらもお楽しみください!
またジャムも工場で炊いていますので、お楽しみください。
ミートパイや金時のパンもあります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
アーモンドペストリーも1984年から売り出したパンです。
小池さん:これいつも買います。
桐山社長:これもアーモンドクリームの量が少し少ないと
「昨日は少し量が少なかったですよ!」とお電話をいただきます。
小池さん:「女子はそういうことに氣がつきますからね。」W
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:でも手作りだから、毎日、温度管理など少しづつ
違いませんか?
桐山社長:ええ、もちろんいつも違います。同じものはできません。
村上龍:大量生産のパンはいつも同じですよね。
桐山社長:ええ、そうですね。大量生産の設備がありますので。
管理できますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆手作りのパンは毎日、毎日、気温や湿度によって、出来上がりが
違ってくる。
神戸屋には、毎日パンをチエックしている部署がある。
「職人が拘ってつくったパンが、本当に思っている品質に
なっているのか?11項目でチェックしています。」
まず「香り」、そして「味」をみる、さらにパンの「柔らかさ」
を測る測定器!これでデジタルでも測定される。
そこにコメントを書き加えている。
「口溶けはよくなっている!」など事細かなことが工場へと
報告され、これが工場の通知表となる!
気温や湿度によって毎日違う手作りパン!
神戸屋の品質管理の責任者はいいます。
「毎日、神戸屋のパンを食べていただいているお客様は、
私たちよりも味がわかっているかもしれませんので、そういう人にも
『美味しいね!』と言ってもらえるためには努力をしつづけなければ
なりませんね。」
そこにあるのは神戸屋の「美味しいものをつくりつづける真直ぐな姿勢だ!」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池さん:龍さんは美味しいものを食べると、止まらなくなるんです。
龍さんは、菓子パン好きなんですね。
村上龍さん:これはチェリーとラズベリーとストロベリーが
はいっているんですね。
村上龍さん:ドライトマトのパンも美味しいですね。
桐山社長:ドライトマトは、出汁でいうと昆布などと同じような成分が
はいっているのでお酒を飲まれる方はとくに好きですね。
村上龍さん:ドライトマトのパンならワインでもブランデーでもいいですね。
桐山社長:龍さんは、パンを食べていると、もの凄く幸せそうな
お顏をされますね!
神戸屋は食べ物屋ですから、食べてる方の幸せそうな顏を見るのは
「至福の時間」です。
リーダーになる人に知っておいてほしいこと/PHP研究所

¥1,000
Amazon.co.jp
◆松下電機、パナソニックの創業者で経営の神様と言われた
松下幸之助はいいました!
・生きがいは他人から与えてもらうものではない。
自分で見つけ、つかみ取るものである。
・人間というものは、多少困難や失敗があった方が、
より大きな生きがいを感じられるものである。
・仮に、その人が「自分の仕事に生きがいを感じられない!」
というように不平を言ったら、その不平はまちがっている。
あなたの仕事の結果はこういうふうに世間に役立っているのですよ。
だから、非常に尊い仕事なんですよ」と、言ってあげる。
そういうことが言えないと、人を指導することはできませんね。
     松下幸之助
これからのリーダーに贈る船井幸雄の言葉/中経出版

¥1,575
Amazon.co.jp
■経営コンサルタント、船井総合研究所創業者である
船井幸雄はいいました!
・思想が心をつくる。心が行動に反映し生きざまになる。
人の生きざまが人格を形づくり、人格が運命をつくるようである。
■インドの独立指導者・政治指導者である
マハトマ・ガンジーはいいました!
・私の生き様が、私のメッセージである。
■米国の医師・外科医、講演家である
バーニー・シーゲルはいいました!
・毎日が最良の日、これが私の生き様だ。
今この時は二度とかえらない。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆桐山健一社長の言葉が、心の内奥に響きました!
・ パンはいろいろな夢を与えてくれる!
まだまだ知らない、パンの食べ方があるんですよ!
・ パンとは、私の人生そのものですね!
生き様といってもいいかもしれません!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※フレッシュベーカリー神戸屋はこちら!
http://www.breads-studio.com/index.php/page/user/mode/shop_fbk
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト 神戸屋
代表取締役社長  桐山健一(きりやま・けんいち)氏
【ゲストプロフィール】
1956年 大阪府豊中市生まれ
1981年  信州大学工学部卒業後、大手電機メーカー入社
1985年  神戸屋入社後、パンの勉強のためアメリカ留学
2002年  現職
【企業プロフィール】
創業 1918年
年商 640億(2011年12月期)
店舗 パン・洋菓子などの製造販売、ベーカリーレストランなど
グループ全体で101店舗を展開。
社員数  1216人(グループ全体で1524人)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 美味しいものをつくりつづける真直ぐな姿勢
「パンをいかに美味しく食べていただくか?」を常に考える
■ 食べてる方の幸せそうな顏を見るのが「至福の時間」!
パンはいろいろな夢を与えてくれる!まだまだ知らない
パンの食べ方がある!
■ 「自分たちは何故、パンをつくっているのか?」
パンを食べている人に
・「おいしかったよ!」といって欲しい!
・「こういう会社があって良かったよね!」といって欲しい! 
パンとは、人生そのものですね!生き様といってもいいかもしれません!
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
フレッシュベーカリー神戸屋でアーモンドペストリーを
いただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
アーモンドとクロカント(ヨーロッパの焼き菓子)を使った
人気商品ということですが、一口食べたら、美味しい~。
至福のお時間です。
てづくりパンの神戸屋さんは、パンにたいする職人さんの愛情が
伝わってきます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「神戸屋レストランの美味しいパン」ランキング!
「神戸屋レストラン」おすすめのパン8品を『美食のプロ』が実際に
試食しランキング作成している2011年3月1日の『お願い!ランキング』
ランキングした美食アカデミーの3名です。
・イタリアン 川越達也さん
・和食    吉岡英尋さん
・料理研究家 森崎友紀さん
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■「神戸屋レストラン」の美味しいパンランキング!
 1位 アーモンドペストリー
 2位 あらびきソーセージパイ
 3位 国産りんごのアップルパイ
 4位 焼きプリン
 5位 クランベリースコーン
 6位 さくらのペストリー
 7位 京抹茶パイのあん包み
 8位 ミックスピザ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■「神戸やレストラン」の売り上げランキング!
 1位 あらびきソーセージパイ
 2位 国産りんごのアップルパイ
 3位 アーモンドペストリー
 4位 クランベリースコーン
 5位 焼きプリン
 6位 ミックスピザ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※神戸屋レストランはこちら!

http://www.kobeyarestaurant.co.jp/news/index.html

美味しいパンをありがとうございます。