Thumbnailca3qj2qi 標高8000Mを超える山は世界に14座あるそうですが

そのうちの6座を無酸素で登頂している日本で唯一の登山家である

小西浩文さんのお話しを伺ってきました。

標高8000Mでは、酸素の濃度が平地の3分の一しかないため
普通の人は30秒間、そこにいると倒れてしまうそうです。

さらに、数々のクレパスや雪崩など危険と隣り合わせの世界だ
ということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

心を成長させる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆小西さんは、そのような過酷な登山の
目標設定で、大切なことは・・・

目標を「登頂」にすることではなく

「生きて家に帰ってくること」にすることだといいます。

◆登山家のなかには、会社をやめたり、家族と別れてまで
登山に来る人達がいます。

当然、そこまでしたのだから「頂上に登頂すること」を
目標にしてしまう人がいます。

ただ、「登頂を目標にする」と、その後事故に逢う確立
が格段に高くなるそうです。

小西さんは、厳しい条件の中の登山の「事故」は、
登りではなく、下山のときに起こる確立が99%以上だ
といいます。

「頂上に登頂すること」が目標だと、下山のときに「氣」が
抜けてしまうからなのですね。

◆小西さんは、目標設定と同時に毎日、心と身体を鍛えることの
重要性も教えてくださいます。

小西さんはいいます。

「毎日のトレーニングは地味なものなのです。

ただ、その地味なトレーニングを続けられる人のみが
ファインプレーを出来るのです、ですからトレーニング
は欠かせません」といいます。

◆また小西さんは、朝からその日の仕事やトレーニングが
終わるまでは食事をしないそうです。

「ライオンはシマウマを狩るときにお腹をすかしている。
だから力がでるのです。

これと同じで、自分の力を最大に発揮するために、
自分がその日やると決めたことを終えるまでは
食事をしないのです。

『体力は、80歳、90歳になると衰えるかもしれない。
ただし、心はいくつになっても成長する。』

◆小西さんは、トレーニングで毎日、三井ビルという
55階ある新宿の高層ビルの階段を、1段飛ばして
毎日「5回」登っていたそうです。

この講演会の前も高層ビルの階段を上がってこられました。

ちなみに、いっしょに階段を上がってきた人は
「ぜいぜいいっていました。」(笑)

Thumbnailcar9nte5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■毎日のトレーニングを重ねられるひとが
ファインプレーを出来る

■自分が決めたことを、やり遂げることを
毎日の基準にしよう

■心はいくつになっても成長する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>★★★

Img_1303

近所に来ていた屋台で「富士焼きそば」いただきました。

これぞB級グルメ!!(笑)
焼きそばを炒めているときのソースの香りが
いいですねヽ(´▽`)/
Img_1304

食欲をそそります[E:delicious] 太目の麺に濃い口のソースがからみつきいいお味でした[E:happy01]

ありがとうございます。
Img_1306

人気ブログランキングへ