Thumbnail ジム・ロジャーズ氏の講演を聞いてきました。

さくらが印象に残ったお話しを書かせていただきます。

彼は「2年以内に通貨危機がくると感じているそうです。」
歴史をみてみると通貨危機は過去に何回も起きているそうですが

『私たちは、どのように対処すれば良いのでしょうか?』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

世界の変化に備え続けよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ジムは、現在、世界の最大の課題は

『信用できる通貨が世界のどこにもないことだ!!』といいます。

サブプライムに始まった金融危機以来、世界の政府や財務当局は
お札を大量に印刷してジャブジャブにしています。

『過去の歴史で、政府がお札を刷りまくって、その後、

うまくいったことは一度もない。』と彼はいいます。

「今後、私たちは『金』や『銀』を持ち歩く時代が

くるかもしれません。」

Thumbnailcauc0aiw

◆「私たちが、今、常識だと思っていることが、
10年たつと常識ではなくなっていることはよくある。」

「例えば、1989年からの1年間、あなたが何を信じていたのか?

を思い出してください。」

「1989年、バブルの頂点にあった日本では、

その後、山一や長銀をはじめとする、大手の金融機関が

倒産すると考えていた人は、殆どいないのではなかったの

ではないですか?」

◆またジムは投資をするまえに、情報を自分で

検証する大切さを教えてくれます。

そして彼はその言葉どおり、世界一周をバイクでして、

世界の市場の変化を見て廻り、

さらにその後、フィアンセと車でもう一度世界一周をしながら、
世界の市場の変化を、再度、自分の目で現場を見ながら

確かめ続けてきました。

◆そして、彼はいいます。

「今の世の中は世界の市場がつながっている。

例えば、日本の株式市場だけを見ている人は、

2007年に表面化したサブプライム問題には氣づかなかったと思う。」

「だから日本だけでなく世界の市場とのつながりを考えることが

とても大切な習慣なのです。」

Thumbnailcaswioce

◆またジムは経済的に成功するために、人のいうことについては

「なぜ?そうなるのか」

必ず自分自身の疑問や質問を持つことを薦めてくれています。

さらに『通貨危機が過去に起きた国の国民が、その後どうなったのか?』
を調べることも薦めてくれました。

その時に誰が、資産を失い、逆に誰が豊かになったのか・・・?

直近ではアイスランドですが、その前には、ロシア、アルゼンチン、トルコ
が通貨危機に直面しました。

『賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ』

というソロモン王の至言ですね。

歴史から学び、これからも起こり続ける『世界の変化』に

備え続けていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■ 歴史から学び、『変化』に備え続けよう

■「なぜ?そうなるのか」自分自身の質問を持とう

■ 「情報」は、自分の目で現場を確かめ調査し

確信をもとう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>★★★★

新宿の「鳥良」というお店に行きました。
002

名前のとおり鳥料理の専門店です。
091107_214747

お店の一番人気という手羽先唐揚げをいただきました。
091107_214417

これがスパイシーでビール[E:beer]に良く合います。

お酒がどんどんすすみますね~(*^_^*)♪


091107_224008 

このお店は1984年、吉祥寺駅の近くに26坪の「居酒屋鳥良」としてスタートしたそうです。

目標は「名古屋の手羽先唐揚を東京で広めること」と「日本一の鶏料理専門店をめざすこと」だそうです。

「本物の味、心のこもったサービス、最良の人材育成、くつろげる店づくりにこだわる」が
お店のコンセプトだそうです。
[E:shine]すばらしいですね[E:shine]

コンセプトどおり、スタッフも笑顔が良く[E:happy01]とても良いお店でした。

http://www.samukawa.co.jp/toriyoshi/shinjuku1/index.html

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ