$さくらの「ウェルシーシェフ」
スティーブンコビー博士は、書籍『7つの習慣』の中で人や組織は「効果性を司る原則」または「自然の法則」と調和した行動をとるときに『長期において繁栄』していること・・・
さらに「人生は繰り返す行動の総計であり、それゆえ優秀さとは単発的な行動ではなく、習慣である。」ことを書かれています。
今日は『7つの習慣』からの氣づきを書かせていただきますね。
7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・R. コヴィー

¥2,039
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「公的な成功」の前に「私的な成功」が先立つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆第一の習慣「主体性を発揮する」
例えば人間関係で、自分を犠牲にしてまで、イライラしている人や怒っている人、愚痴や悪口を言う人に合わせ続ける人がいます。
まずは、自分自身をコントロールしましょう。
「公的な成功」の前に「私的な成功」が先立つ
つまり「他人との約束を守る」前に「自分との約束を守る」ことです。
◆「不景気」や「政治家の不正」に焦点を合わせるのではなく今、自分がコントロールできることに対して、全力投球しましょう。
自分のコントロールできない事柄にではなく、自分がコントロールできる事柄に集中することで、自分が影響できる輪を拡大していくことです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆第2の習慣「目的を持って始める」
昔、「鳥のように大空を飛んでみたい」という人の「思考(想像)」が飛行機のもとになりました。
私たちの廻りにあるものは、椅子や机や洋服やビルなど元をただせば、誰かの「思考(想像)」から始まりました。
つまり『知的な第一の想像があり』、その後に
『物質的な第2の創造』が起こってきたということです。
人生においても、この優先順位を大切にしましょう。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆第3の習慣「重要事項を優先する」
もし、あなたが毎日やっていたら、あなたの生活をいちじるしく
向上させるものは何ですか?
(例)
・目的をもって始める
・人間関係づくり
・健康増進
・計画し準備する
・リーダーシップを発揮する
・勉強や自己啓発
・真のレクリエーション
・品質の改善
・感情の活用
・効果的な権限委譲
・ミッションのインストール
◆「原則」を活用して、
まずは「依存」から「自立」していきましょう。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
そしてより豊かな「相互依存」へ発展していくのはとても嬉しいことですよね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 「主体性を発揮しよう」
自分がコントロールできる事柄に集中しよう
■「目的を持って始めよう」
『知的な第一の想像があり』その後に『物質的な第2の創造』が
起こる。人生においても、この優先順位を大切にしよう
■「重要事項を優先する」
あなたが毎日やっていたら、あなたの生活をいちじるしく
向上させることを優先しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
霞が関のフリーカフェ播磨屋さんにやってきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
前回は休日でしたが、今回は平日の15:00
どんな人が来ているのか? 
$さくらの「ウェルシーシェフ」
興味しんしん(*^ω^*)ノ彡
ドアを開けると、そこは元氣なシニア層の皆さんの行列でした。
美味しいコーヒーと、大好きな、掻き餅「朝日あげ」をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
さくらは播磨屋さんのオーナーさんが環境保護の視点で書かれている「真実」という書籍 840円を購入しました。
■フリーカフェ播磨屋さんはこちら?
http://www.harimayahonten.co.jp/
ありがとうございます。