iPhoneとツイッターで会社は儲かる (マイコミ新書)/山本 敏行

¥819
Amazon.co.jp
書籍『I PHONE と ツイッターで会社は儲かる』の山本 敏行さん
を読みました。
山本さんが「I PHONE」 と 「ツイッター」を全社導入した企業
イーシースタジオで起きた事例、さらにグーグルアップスを活用した
クラウド・ベースの新しいビジネスについて,とてもわかりやすく
書かれておりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
ツイッターで「右脳」でも「左脳」でもなく「外脳」を得よう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ソフトバンクの孫正義社長が
「30年後の事業のビジョンをツイッターで問いかけると
即座に1140件以上もの反応があったそおです。
このことについて孫正義社長は
「右脳」でも「左脳」でもなく「外脳」を得た感覚だと語られていました。
 
◆「ツイッター」でPRに成功している企業は、まだまだ
多くないそうですが、おもしろい事例が2つあります。
一つは、デルコンピューターはキャンペーン情報をツイッターに流し
2億円近くの売上を上げました。
「ツイッター」でデルのアカウントをフォローをしている方の中で
「そろそろパソコンを買い換えたいなあ」というニーズがある方が
いるようで、そこにヒットしてるみたいですね。
◆もう一つは、フジカメラです。
フジカメラは「レアもののカメラ」の仕入れ状況を「ツイッター」で
流しています。
こちらは「自分が欲しいレアなカメラが二度と手に入らないかもしれない」
というニーズがある方にヒットしたようです。
◆「ツイッター」は情報にリアルタイムで簡単にアクセスして
相手からの返事を強制しないツールです。
また「ツイッター」は『今』を共有できる反面
過去にさかのぼるのは苦手なツールです。
「I PHONE」 と「ツイッター」を、山本さんが全社導入した
イーシースタジオで起きた「メリット」と「デメリット」とは
どんなものだったのでそうか?
 
◆「メリット」
①社内コミュニケーションの向上
②組織のベクトルが揃いやすい
③社員のガス抜き効果となる
④情報感度が上がる
⑤社員の心の声が聞こえる
⑥社外とのコミュニケーションに活用できる
⑦商談がスムーズになる
⑧要約能力が身につく
⑨採用の際のミスコミュニケーションが減る
⑩情報漏洩防止の教育ができる
◆「デメリット」
①うっかり誤ってつぶやいてしまう
②心の声がつぶやかれる
③つぶやく人とつぶやかない人の情報格差が起きる
④企業アカウントには方針が必要である
⑤ツイッター中毒になる
◆また山本さんは、インターネットに接続できれば
データーを持ち歩かなくても、その場でデーターを処理でき
コストが安く、データーのバックUPの必要がなくなり
業務効率があがる
「クラウド・コンピューティングシステム」
の「メリット」と「デメリット」についても、とても
わかりやすく書いています。
「ツイッター」や「スマートフォン」による新しいコミュニケーションなど
IT技術の進化により、法人だけでなく、個人にとっても
飛躍的に便利な時代がもうすぐそこまで来ていますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 新しいコミュニケーションの方向性を知ろう
■「I PHONE」 と「ツイッター」の「メリット」と「デメリット」
をより深く理解しよう
■「ツイッター」や「スマートフォン」の導入事例から学び活用しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
しゃぶしゃぶのお鍋をしました。
 
白菜に長ネギ、舞茸にお豆腐、それにお肉を少々
 
冷たいビールとともに、ポン酢でいただくしゃぶしゃぶのお鍋は
お箸がどんどんすすみます。
 
お鍋料理は、大切な人たちとの距離が近くなり
さらに野菜もたくさんいただくことができて嬉しいですね。
有難うございます。