富の福音―速聴CD付き/アンドリュー カーネギー

¥1,680
Amazon.co.jp
書籍『富の福音』は
Aカーネギーが実業家になるまえに、いかに実業家の卵として仕え
そして、何故、実業家になったのかが書かれており、
深い氣づきと感動をいただきました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
より質の高いサービスを、より大量に
積極的に提供し続けよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆A.カーネギーは12歳で仕事をはじめて、18歳になるまでに
3回転職をしていますが、どの転職のときも、A.カーネギーが
最初に考えたのは、賃金のことではなく「勉強時間をとることでした。」
◆紡績工場では、厳しい労働時間の後に、日曜日の時間をつぶして
「簿記の勉強」を始めます。
そこで紡績工場の事務員に抜擢されますが、
そこで、さらに企業経営の数字と簿記の知識をもって当時の
花型産業であった繊維工業が、すでに時代遅れの産業に仲間入りを
始めていたことに気づいたのです。
◆A.カーネギーが2度目に転職した電信局では、A.カーネギーは
電報配達の身分に満足せずに、独学で電信の送受信の技術を覚えて、
すぐに電信技士に昇格しました。
◆当時の電信は、送信が始まると受信機で紙テープでモールス信号を
刻み込んでいました。
その紙テープの信号を解読して、アルファベットに転換して、電報として
配達されていたのです。
ここでもA.カーネギーは、まもなくモールス信号を耳で聞いて、
直接、そのまま内容が理解できる、アメリカでもわずか数人の技術者の
一人となりました。
◆この電信局で、終生の恩人といえるペンシルベニア鉄道のスコット局長と
出会うことになります。
ある日スコット氏はA.カーネギーにぺンシルベニア鉄道の自分の下で、
事務員兼、電信技士として働いてみないかと、声をかけてきました。
◆電信局の月額25ドルの給料は、当時、独立して家庭を営むのに充分な
金額だったこともあり
A.カーネギーは電信局の仕事や待遇に不満があるわけではありませんでしたが、
「何も不満が無いということは、そこで進歩が止まったしまうことになります。」
若いA.カーネギーにとって、これはとても恐ろしいことでした。
それに、電信より鉄道の方が将来性があるように思えていました。
◆スコット氏がペンシルベニア鉄道で、約束してくれた給料は月額35ドルでした。
18歳になって、ピッツバーグの市民としては、一人前以上の収入と地位を
得ることができたのです。
◆この後「鉄道の将来」についてのA.カーネギーの予想は完全に当たりました。
彼自身はペンシルベニア鉄道に入って6年目にピッツバーグ管区の責任者となり
ピッツバーグ市の名士で、最も若い一人となったのです。
 
■Aカーネギーの墓碑銘■
 『自分より賢い人々を、身の回りに集める術を心得し者ここに眠る』
 『Here lies a man who was able to surround himeself
                     with men far cleverer than himself.』
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■不平等を不愉快に感じたら
その不愉快さを向上のエネルギーに転換しよう
■目の前の仕事を愛し、勉強し、より有能な人となろう
■時代の流れを理解し、将来を見通す先見力を育もう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
新宿B級グルメどおりにある『薩摩八郎』に来ました。
 
生ビールで乾杯した後は・・・
ジューシーでコクがある「黒豚餃子」や
「センポコの鉄板焼き」をいただきました。
 
センポコとは牛の大動脈でコリコリしていて、
ここの鉄板焼きはおつまに最適です。
 
豊かな風味の出し巻きと博多明太子の相性が抜群な
「明太子の出し巻き」もおすすめです。
殆どのメニューが260円とお手ごろで嬉しいですね。
楽しいお時間をいただき、有難うございます。
 
◆『薩摩八郎』はこちら
http://www.hotpepper.jp/strJ000745391/