サイゼリヤの正垣会長は、
「勉強は大人になってからでも間に合う」といいます。
「では、どうして?学校では、国語や数学を勉強するんだろう?
もっと仕事に直結するような勉強、たとえば経済や経営のことを
教えてくれたらいいじゃないか?」
という意見はもっともだ。といいます。
「ただ、これは『仕事とは何か?』という問題が
理解できれば納得できる話しなんだ。」
と教えてくださいます。
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~/7人の特別講義プロジェクト

¥819
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
仕事は、自分を磨くためのツールである
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆正垣会長の答えは、仕事とは「ただのツール」なんだ。
「自分を磨いていくための、ツールなんだ」と。
自分を磨いていけば、廻りの人も幸せにすることができる。
そして、廻りにいる人を幸せにできれば、さらにその廻りに
いる人も幸せが届いていく。
◆こうやって幸せの輪が、どんどん拡がっていくことで
初めて「社会貢献」という言葉が生まれてくる。
いきなり「世界のみんなを幸せにしたい!」とか
「社会貢献したい」とか、高い理想を掲げても
必ずどこかで、息切れする。
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか/6人の特別講義プロジェクト

¥880
Amazon.co.jp
◆だから、喜ばせる相手は、自分の身近な人。家族だったり
友達だったり、学校の先生だったり、仕事の仲間だったり
そういう目に見える範囲の人を喜ばせることができたら
もうそれでいいんです。
◆マザーテレサが、ノーベル平和賞を受賞したときに記者から
「世界平和のために、私達は何をしたらいいんでしょう?」
と聞かれて・・・
「家に帰って、家族を大切にしてあげてください。」
と答えました。
まさにそのとおりだと思う。
 
◆だから、サイゼリヤの経営者として正垣会長の優先順位は
何より先に、従業員の幸せ、その次がお客さんの幸せ、
株主の幸せは、その次くらいなんだね。
この順番は絶対に間違いてはいけない。
なぜなら、従業員が不幸なら、お客さんまで不幸せになる。
これは当たり前の話しだよ。
◆そして、仕事が「自分を磨くためのツール」だとしたら
学校で学ぶものは「自分の磨き方」なんだ。
社会に出たら、たくさんの困難が待っている。
親も先生も助けてくれない。
そんな『困難を乗り越える力』を、学校で学んでるんだ。
 
◆この『自分の磨き方』を
正垣会長は『教養』と考えているそうです。
正垣会長のいう『教養』がない人・・・
『困難を乗り越える力』が弱い人や、『自分を磨いていない人』は
社会でちょっと辛いことがあると、すぐに諦めて、逃げちゃうし
ギブアップしちゃう。
だから優等生になる必要はないけど、学生時代という
貴重な時間を『全力』で生ききって欲しい。
勉強も、運動も、遊ぶのも、全て全力でね。
◆サイゼリヤの正垣会長のお話しから
サイゼリヤというレストランが人の幸せを
大切にしていることが良く伝わってきます。
湖に石を投げ込むと、波紋が輪になり、
広がっていくように、幸せが広がるイメージを
感じますね。
「仕事は、身近な人を幸せにすることができる人に
なるために、自分を磨くためのツールである。」
と考えると、日々の課題も、自分を磨いて輝かせてくれる
ためのツールなのかもしれませんね。
有難うございます。
■サイゼイリヤはこちら
http://www.saizeriya.co.jp/
40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編/著者不明

¥880
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 自分の身近な人を喜ばせよう
■ 廻りにいる人を幸せにできれば、さらにその廻りに
いる人も幸せが届いていく
■ 仕事で自分を磨きつづけ、真の教養を身につけよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
サイゼリヤで、辛味チキンをいただきました。
 
揚げたてでジューシーな辛味チキンと
フォカッチオをいっしょにいただくと・・・
「最高です。d(-_^)good!!」
思わず笑顔になります。
 
揚げたてチキンが、5本入っていて299円と
安くて、美味しいお勧めです。
有難うございます。
■サイゼイリヤはこちら
http://www.saizeriya.co.jp/