人間は自分が考えているような人間になる!!/アール ナイチンゲール

¥1,575
Amazon.co.jp
フェイマス・エイモス・チョコレートチップ・クッキーの
創立者であるウォーリー・エイモスのお話しを読みました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
素晴らしいことは、まだこれからいくらでも起こる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「どうして私が何事にも積極的に生きているのか」
それをお話いたしましょう。
最初に言っておきたいのは
「この世の中は、
私の考えていることをそのとおりに反映するものだ!」
と私が確信しているということです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆私の行動ひとつひとつに対し、世の中はそれに
反応してくるということです。
私が発信したものはなんであれ、まっすぐ私に送り返される
ということなのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆世の中の仕組みはこうなのだ、とわかってからは
何事にもできるかぎり積極的に生きていこうとしてきました。
あいまいな結果は嫌でしたから、積極的な姿勢を
見せれば世の中もきっとそれに答えてくれるだろうと考えたのです。
「人生は鏡のようなもので、そこに自分の内面が映し出されます。」
だから、人と接するときはいつも明るく振舞いました。
私だってそうしてほしいですからね。
◆聖書にも書いてありますが、『汝の欲するところを人に施せ』。
これが大事なんです。
私は人から尊敬されたかったし、愛されたかった。
自分のすることをやさしく励ましたり、勇気づけたり、
支えてくれる人を求めていました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆そのためにも、自分から進んで行動しなければだめだと思い、
自分の信じている通り実行してきたのです。
「自分の信じる通り実行せよ!」
だから私は何事に対しても積極的なのです。
世の中の積極的な反応が欲しいからなのです。
◆今でもときどき、自分の人生のことやフェイマス・エイモスの
成功について、いろいろと考えてみることがあります。
成功した理由はただひとつ、過去を振り返らなかったからです。
私は決して後悔しませんでした。
過去の思い出にひたろうとはしませんでした。
◆いつも今現在のことに目を向けていたし、
この一瞬に全力を注いできました。
「すべては今この時にかかっている。」
過去でも未来でもない、だから現在のこの瞬間に全力をあげろ
これがフェイマス・エイモス創立以来のやり方なのです。
◆私はいろいろなことにチャレンジしてきました。
けれどもいわゆる成功に安住していようとは少しも考えませんでした。
もし安住したら、そこで進歩は止まってしまうのです。
もし現在の成功に酔いしれていたら、それ以上の成功は望めません。
 
だから、成功したことは喜びつつも、すぐ別のことへ心を向けるのです。
◆だれでも過去の嫌なことは忘れたいと思うでしょう。
過去に生きることはまったく無意味なのです。
断じて誤りなのです。
物事はいろいろ変化する、変化するのを認める、
またそのことから学ぶことができたのを感謝する、
すべてはこの繰り返しです。
神に感謝を捧げ、自分の身の上に起きたことをすべて喜んで受け止め、
そして次へ次へと進んでいくことが大切なのです。
◆物事がよいのか悪いのか、肯定すべきか否定すべきかは
考え方次第だと思います。
「だから、人生の途上で直面するものはすべてみなよいことなのだ」
という心構えを持つことにしたのです。
「人生すべてみな勉強であって、私を強くし、より高いレベルへ
引き上げてくれるものなのだ」そう思うようにしたのです。
「もし最初の機会を逃したとしても、また同じことを経験できるのだ
と、必ずいつか実行できるのだ」と自分に言い聞かせました。
◆むろんそっくりそのままでないにしても、同質の体験は
できるはずだと考えたのです。
カルガリーの公使がこんなことを言っていました。
「世の中は開かれているのだ」と。
「自分がどのような考え方を持っていようと、
世の中はそれをすべて認めるのだ」と。
◆だからもし
『俺はチョコレートチップ・クッキーの店を開くぞ』と言えば、
そのとおりに反応が返ってくるのです。
そして自分の努力に必ず報いてくれます。
いつか必ず店を開けるようになります。
◆反対に、もし
『ああ、どうしたらチョコレートチップ・クッキーの店が
開けるだろう。私にはわからない。一生できそうもない』
と言ってごらんなさい。
その通りの結果になります。まず店を持つことはできません。
「自分がどういう考え方をしていようと、世の中はそれに
合わせて反応してきます。
まっすぐ自分にはね返ってくるのです。」
だから、このことが本当に理解できたら、
積極的に生きるのがどれほど大切かよくわかるでしょう。
◆人生の中で出会うさまざまなことに、積極的な姿勢で臨むのです。
そうすればうれしいことも楽しいことも実現します。
積極的に生きていけば、人生は10倍も豊かになります。
だから、私は、つねに積極的に生きていこう、
いろいろなところで進んでいこう、と考えているのです。
いろいろなことを体験すればするほど、よいことにも
多く出会えるのですから。
◆人生は本当に奥が深いものですね。
まわりを見てみると、自分を含めたあらゆるものが
神の創造物であり、神が素晴らしい力を私に与えて
くださったのだということがよくわかります。
だから私は今現在に全力を注ぐのです。
「素晴らしいことはまだまだこれからいくらでも起こる!」
とつねに考えているのです。
■略歴■
■ウォーリー・エイモス(Wally Amos, 1936年7月1日 – )は、
アメリカの実業家。
ハリウッドで友達のためにクッキーを焼いて
プレゼントしていたところ大変好評であったため
1975年3月10日クッキー会社Famous Amos社を設立。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■世界で初めてのチョコレートチップクッキー店を
ハリウッドのサンセット通りに開き、Famous Amos の名で
一世風靡
1983年には、ロナルド・レーガン大統領より
「優秀起業家・大統領賞」を受賞したのをはじめ、
数々の表彰を経てその名声は不動のものとなった。
■日本においても、1983年から1986年に、ソニープラザにて
フェイマス・エイモス・クッキーが販売された。
ストア内にオーブンを設置して出来たてのクッキーを
販売するなど話題を呼び、クッキー缶のコレクターが
現れるほどの人気ぶりだった。
■1985年に、大成功したFamous Amos社の経営から離れた。
その後マフィン会社などを経て、2005年8月31日に独自の新ブランド
Chip and Cookie社をカイルア (ハワイ州ホノルル郡)にて起こし、
2008年9月21日に2号店をワイキキにて開店し現在に至る。
■書籍「人間は自分が考えているような人間になる!!」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■世の中は、考えていることをそのとおりに
反映するものだ!
■「人生の途上で直面するものは,すべてみなよいことなのだ」
という心構えを持とう
■「人生すべてみな勉強であって、私を強くし、
より高いレベルへ引き上げてくれるものなのだ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★
熱烈中華食堂 日高屋へいきました。
とんこつラーメンと餃子とサワーを頂きましたヾ(@^▽^@)ノ
軽く飲めて、食事もできていいですね( *´艸)( 艸`*)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
餃子は1人前190円\(^O^)/ とてもリーズナブル!!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
1973年に小さなラーメン店からスタートした日高屋。
現在は首都圏を中心とした地域に200店舗以上を
構える企業となったそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
毎日食べても飽きない味というのがいいですね
ミ★(*^-゜)v Thanks!!★彡