$さくらの「ウェルシーシェフ」
DR.苫米地は書籍『成功脳の作り方』のなかで
ブリーフシステムという行動性向を決めるシステム
が、我々の行動を決めているといいます。
わたしたちは、ものごと判断するときに、
「外からの情報」を、個人個人の「ものの見方や考え方」を
使って処理しています。
簡単に言えば、この「ものの見方や考え方」が、
ブリーフシステム・・・>ビリーフ・システム(belief system)です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
インカンテーションで自己イメージをあげよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界一簡単に目標がかなう 成功脳の作り方/苫米地 英人

¥1,365
Amazon.co.jp
◆例えば、「コーヒーは苦くて嫌い」という情動的な
過去の経験からくる記憶とか。。。
「コーヒーは身体に悪い」という概念的な教えからくる
過去の記憶とか。。。
そして、その人にとって
「重要なブリーフシステム」には必ず、過去の強い情動記憶
(エモーショナルヒストリー)が結びついていて、
・褒められて嬉しかった(喜びや快楽)や
・怒られて怖かったという(恐怖や痛み)の
両方の情動記憶から、行動を決めているのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆そして「ブリーフシステムの3要素」には
①言葉(ワード)、②画像(ピクチャー)③情動(エモーション)
があります。
「言葉」(ワード)は、短いなかにたくさんの情報をもち
セルフトークを繰り返します。
例えば、過去の失敗の記憶を思いだして、あの時は「しまった」
と思うと、「しまった」という「言葉(ワード)」を使うと
その体験を、実際に「しまった」時だけでなく、その後に
過去の記憶を思いだしたときも含め、脳では「しまった」という
体験を2回した効果があります。
◆ですからその失敗を、何度も思いだして「しまった」
というと・・・
何度も、何度も、その失敗をしたブリーフを臨場感を
もって、構成してしまうのです。
そして自分にとってブリーフの集合体を「自己イメージ」と呼びます。
私は「気が短い」とか、私は「穏やかだ」などです。
そして、人間は人から話を聞いていて、セルフトーク『自己対話』
を引き起こしやすいのが「言葉(ワード)」なのです。
◆「画像(ピクチャー)」には、音や動画を含みます。
「画像(ピクチャー)」は、臨場感が強く出やすいので
「自己イメージ」をつくりやすいのです。
また強い「情動(エモーション)」は行動性向を決めやすいもので
例えば、「殴られて痛かったら、2度と殴られたくないので、やらない。」
など、「言葉(ワード)」や「画像(ピクチャー)」の最後に
強い「情動(エモーション)」が乗ってくると、強烈なブリーフとなります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「言葉(ワード)」を使って
『自己イメージを上げる』方法にアファメーションがあります。
アファメーションとは、肯定するという意味です。
簡単にいうと、過去の失敗にとらわれて、自分を過小評価する
のではなく、目標のために、自分は「こういうことができる」
「自分は、それをするのにふさわしい人間だ」と「言語(ワード)」で
宣言することで強くイメージします。
そして、目標に対するモチベーションをあげて、
今の自分がどうあるべきかを条件づけします。
◆こうすることで自己イメージを高く保つ手法が
アファメーションです。
『つまり未来の目標を、自分に宣言することです。』
$さくらの「ウェルシーシェフ」
日本では戦国時代の1567年、織田信長が、
美濃(みの)の平定の後、
「天下布武(てんかふぶ)」の印を使い始めました。
「天下布武」とは、日本全国を武力で統一する。
という意志を示したものです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆織田信長が、この「天下布武」の意志をあらわしたものが
「美濃の地」を「岐阜(ぎふ)」という名前にかえた点です。
これは中国の古代の周(しゅう)の文王(ぶんおう)が
岐山(きざん)によって中国全土を統一したという
いわれからなのです。
織田信長も「岐」を使うことで、自分も文王にならって
日本全国を統一したい。という意志を示したかったのでしょう。 
$さくらの「ウェルシーシェフ」
この後、織田信長は、強力な中央政権の基礎を築き、
天下統一の目前にまで上り詰め
その遺志は豊臣秀吉、徳川家康に引き継がれました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「言葉(ワード)」だけの、アファメーションではなく
「画像(ピクチャー)」の最後に強い「情動(エモーション)」が
乗ってくると、強烈なブリーフとなるというのは・・・
世界NO.1コーチといわれるAロビンスが、彼のセミナーで
「イメージするだけでなく、あなたが欲しい未来を、
目で見て、耳で聞いて、身体で感じるんだ!!
イメージして、感じたことが、現実になるんだ!!
アファメーションに、感情を加えたインカンテーションを
毎日することこそが、最大の力なのだ。」
と言っていたのと、共通していますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「人間のブリーフシステム」、そして行動性向を決める
とても重要な要素となる「自己イメージ」は・・・
①「言葉」、②「画像」、③「情動」が
ひとつとなり、つくられるのですね。
有難うございます。
努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方/苫米地英人

¥1,365
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■「人間のブリーフシステム」がその人の
行動性向を決める
■「自己イメージ」は①「言葉」、②「画像」、
③「情動」がひとつとなり、つくられる
■アファメーションに、感情を加えた
インカンテーションを実践しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
ランチで大好きな『ウエルシーシエフ』という
定食屋さんにいきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
外はサクサク、中はとろーりとした
カニクリームコロッケの定食をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
カニクリームコロッケと、たくさんサラダに
お味噌汁、ご飯、お新香と揃った
美味しいカニクリームコロッケ定食が500円です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
いつも有難うございます。