2011年 本当の危機が始まる!/朝倉 慶

¥1,575
Amazon.co.jp
『2011年本当の危機が始まる!』 朝倉慶著 
(ダイヤモンド社)を読ました。
朝倉慶さんは、世界の大きなお金の流れをわかりやすく
説明されていて・・・
さらに船井幸雄さんからの「金融の超プロ」という
ご推薦もあるので大人気のようですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
大混乱も前向きに捉えていこう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆朝倉慶さんは、金(GOLD)が10年もつづけて
あがりつづけている理由を
資本主義の根幹である、紙幣(ペーパーマネー)
への信頼がゆらいでいるためで
$さくらの「ウェルシーシェフ」
FRBやECB、日銀がお札を刷りまくっているからだ
といいます。
◆さらに世界の実体経済が5000兆円なのに対して
デリバティブは6京円、つまり12倍という
ことで
朝倉慶さんがさんがゴールドマンサックスのCEO
ブランク・フェイン氏の言葉の裏を読むと・・・
世界の清算機関がデリバティブのリスクを
理解できていないと、それこそが大きなリスクに
なるだろうといっていると感じているようですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆また一兆ドル(約82兆円)もの資産を運用する
世界最大の資産運用会社の最高投資責任者ビルグロ
スやモハメド・エラリアンの話しから
「世界の金利がこれ以上は下がらない。
つまり世界の債券バブルの暴落へと向かっている」
と感じているようです。
◆FRBやECBや日銀が民間の危機を、
お札を刷りまくることで肩代わりしたことで
政府や国家が、今度は危機に瀕しているという
ことなのでしょうね。
書籍『2011年本当の危機が始まる!』で
朝倉慶さんは、ハイパーインフレの警笛もならし
ながら「ハイパーインフレ時代の投資対象」など
も書かれています。
◆さらに朝倉慶さんは、経済に混乱が起きても
「混乱は来る、それも悪くない」と考えること
そして・・・
心を許せる仲間がいることが大切だ。と
書かれています。
世の中の大きな流れを理解して
時代を学び、待ち、大混乱も前向きに
捉えていきたいですね。
※このブログは特定の投資をお薦めするものでは
ありません。投資は自己責任でお願いしますね。
有難うございます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 混乱は来る、それも悪くない
■ 心を許せる仲間を大切にしよう
■ 木を見て、森を見よう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ガッツグリルで、弾丸ステーキをいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ガッツグリルのステーキは「美味しい食べ方」が
提案されています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
①まずは、お醤油をかけて、ステーキをいただきま
す。
牛肉にお醤油は、本当に良く合いますね。
②次に、特性マスタードをステーキにつけます。
ユニークな発想ですがこれがまた美味しいのです。
③そして最後は、ガッツ特性の「ニンニク醤油」を
ステーキにつけていただきます。
匂いが残らないニンニク醤油で元氣100倍ですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
有難うございます。