日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方/山本 敏行

¥1,470
Amazon.co.jp
書籍『日本でいちばん社員満足度が
        高い会社の非常識な働き方』のなかで
ECスタジオ代表の山本敏行社長は会社を「一隻の船」に
例えてわかりやすく説明されています。
 
・経営理念は・・・羅針盤
・経営ビジョンは・・・目的地
・経営方針は・・・通るルート
・経営計画は・・・航路日程
・財務状況は・・・進行状況
・生産性は・・・航行速度
そして「生産性」つまり航行速度が他の船よりも早ければ、
他の船よりも早く、目指すべき目的地に早くつくことができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
日本でいちばん社員満足度が高い会社とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆山本敏行社長は社員が定着しなかったある時期に
社員、一人一人と徹底して面談して、社員の本音を聞き、
さらに「どうしたら一緒に仕事を楽しめるか?」を考えたそうです。
その時から、ECスタジオの経営理念やクレド(信条)になる
「やるべきこと」だけではなく・・・
「社員をクビにしない」など、同じ強さで「しないこと14カ条」を
つくりました。
 
◆すると社員が辞めなくなり、目に見えて会社が良い方向に
変わりました。
IT業界で、非常識になるほど社員が定着するように
なったのです。
もちろん経営的には目の前のキャッシュが欲しいことは
正直にありましたが、それでも自分達のやり方を信じて
「利益ではなく社員第一」を貫きました。
「いくら美味しい仕事があっても、無理な仕事なら請けない。」
など会社の芯がブレなくなったお陰で社員が安心して仕事を
できるようになったのです。
 
◆山本敏行社長はいいます。
「利益第一から、社員第一へ」
落ちこぼれ経営者だった自分を
「これなら人を増やしてもやっていける!!」と
信じさせてくれた社員たち・・・
「もう絶対に彼らを裏切ってはいけない。」
そう考えて採用方針も変えました。
経歴やスキル重視から、ECスタジオで一緒に成長したいと
思える人、その人の個性をECスタジオで伸ばせる人を採用
するようになったそうです。
 
◆「決まった時間の中で利益を上げようとすると
一人当たりの生産性を高めるしかないのです。」
単純計算にはいきませんが、一人あたりの粗利額
から給料等を引いたものが利益と考えると
例えば、年間の粗利額が1000万円でお給料が500万円
だったとします。
その後、一人あたりの生産性が1.5倍になり年間の粗利額が
1500万円になれば、お給料が500万円なら会社に1000万円の
営業利益が残るようになります。
◆つまり「会社の利益は時間当たりの生産性を上げることで決まる。」
といっても過言ではありません。
利益が上がれば利益を社員に還元したり、競合他社への価格競争力で
優位になることができます。
こうして良い循環が生まれるのです。
ECスタジオの山本敏行社長の書籍
『日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方』
を読んでいると・・・
山本敏行社長の考え方、フォーカスの微妙な違い(微差)が、
リンク&モチベーションの組織診断で日本一社員満足度が高い会社
を築き、さらに業績を向上していることを感じますね。
 
「心の時代」ですね。
有難うございます。
■あなたは「思いやりの心」と「生産性」を
どのように両立してゆきますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 利益第一から、社員第一へ
■ 会社の利益は時間当たりの生産性を上げることで決まる
■「思いやりの心」と「生産性」を両立しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★★
丸亀釜揚げうどんで、「まる得とろろうどん」を
いただきました。
 
1杯目は「釜揚げうどん」
すりたての炒りゴマと、ネギ、そして生姜をいれた
ダシにつけていただきます。
つるつるしこしこ良いお味です。
2杯目は「釜揚げとろろ醤油うどん」
 
うどんをお椀に取り、とろろ芋をいれ
上からダシ醤油をかけ、全体をよく混ぜて
いただきます。
 
とろろ芋に醤油とうどんがよく合います。
身体の芯から力が沸いてくるお味です。
ありがとうございます。
■丸亀製麺はこちら
http://www.toridoll.com/shop/marugame/