ウォール・ストリート (マイケル・ダグラス 出演) [Blu-ray]/出演者不明

¥2,990
Amazon.co.jp
「欲は善か?」
映画『ウオールストリート』を
六本木ヒルズに観てきました。
 
---------------------------------------------—-
<魔法のレシピ>
社会的な成功と、人間的な成功を両立しよう
---------------------------------------------—-
ここからは映画『ウオールストリート』あらすじになります。
 
◆2001年、証券詐欺やマネー・ロンダリング、インサイダー
取引などの罪により8年間、刑務所に服役した
ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)は出所して
連邦刑務所の門の外へ出てきます。
彼を迎える人はだれもいません。
娘のウィニーでさえ姿を見せないのです。
 
◆ゲッコーがいない間も金融の世界、ウォール街は
活況を呈していて・・・
ゲッコーの昔のライバルや同僚たちは、ますます
多額の財産を築き上げていきます。
それから7年後の2008年、頭の切れる若い私設取引担当
ジェイク・ムーア(シャイア・ラブーフ)が、由緒ある
ケラー・ザベル・インベストメンツ(KZI)社で大きな
お金を儲けていました。
 
◆ジェイクの恋人のウィニー・ゲッコー(キャリー・マリガン)
の父はゴードン・ゲッコーでした。
理想主義に基づいたジェイクはウオールストリートにいながら
環境保護エネルギーへの投資を支持していました。
順風満帆と思われたジェイコブ・ムーアの身に、思いも
寄らない自体が訪れます。
彼が勤務するKZI社の株が突然急落して破綻してしまうのです。
その原因は何者かによって流された
「KZI社は多額の負債を抱えているという」風説の流布に
よるものでした。
最終的に関連金融企業や政府も救済に乗り出さなかったため、
KZI社は破綻してしまいます。
ジェイコブが父のようにしたっていた経営者のルイス・ゼイベル
(フランク・ランジェラ)は自殺し、自社株に投資していた
ジェイコブも資産を失ってしまいます。
 
◆ジェイコブは株価急落の原因は、投資銀行経営者のブレトンが、
あらぬ噂を裏で振りまいていたことを知ります。
ブレトン(ジョシュ・ブローリン)は自分の会社が危機だった時代、
KZI社のルイスが援助を拒否したことを根に持っていたのです。
この後、ジェイコブは友人とともに、ゴードン・ゲッコーの講演会に
参加します。
そして講演会場を出たゲッコーをつかまえ、自分がゲッコーの
娘ウィニーと交際していることを明かします。
ゲッコーは、昔ブレトンに取引の情報を漏らされたことで、
自分は、殺人よりも思い判決を受けて、8年もの長い懲役を
喰らったと考えていました。
ゲッコーはサブプライムローンを発端とする金融市場の崩壊を
予期していました。
 
◆ジェイコブはブレトンの会社に誘われ働くことにしましたが、
ブレトンと投資方針が合わず、自分が強く推していていた
ベンチャー企業への投資を反故にされてしまいます。
そのことに反発したジェイコブは、ブレトンの会社を退社する
ことにします。
この後、ウォールストリートには激震が走ります。
金融市場崩壊が始まったのです。
◆状況をなんとかしたいジェイコブがゴードンに相談すると、
ウィニー名義の1億ドルにも及ぶ信託預金がスイスの銀行口座
にあることを打ち明けられます。
そこでジェイコブにウィニーを説得してスイスへ飛び、
そのお金を引き出すことに成功します。
ところがジェイコブが1億ドルの送金先のゲッコーの
自宅をを訪ねてみると、彼はアパートから消えていました。
ゲッコーはそのお金を持ち逃げしていたのでした。
◆ゲッコーに裏切られ、茫然自失となるジェイコブ。
そんな彼にウィニーは「それが父という人間なの」と言われます。
この時にウィニーにゴードンと会っていたことを告白した
ジェイコブは、ウィニーにまで別れを告げられました。
全てを失ったジェイコブは、ブレトンがサブプライムローン
問題に端を発する金融崩壊の最中に、空売りで私腹を肥やして
いたことや、それを明かさずに自社に政府援助まで得ようと
していたことをウィニーの管理・運営している”Frozen truth”
というサイトに公表します。
この事実は、大きな衝撃をもって大衆に知られるようになり、
ブレトンは大きな批判に晒され、司法の手が及ぶことになります。
 
◆一方、その隙に多額の富を築いたゴードン・ゲッコーは、
なんと1億ドルを11億ドルに増やしていました。
こうして華々しい復活を遂げたゴードン・ゲッコーでしたが、
ジェイコブに「ウィニーは妊娠している。あなたの孫だ」
と告げられるのでした。
       「欲は善か?」
ここからは映画『ウオールストリート』をお楽しみください。
 
◆お金にたいする欲望が世界一渦巻く世界・・・
ウオールストリートに生きる、ゴードン・ゲッコーの
人生哲学が心に深く響きました。
『人には許しが必要だ』
『カムバックという言葉を知らないのか?』
『狂気とは、同じ事をやり続けて、違う結果を望むことをいう』
『一番大切なのは、時だ』
という言葉が心に残りました。
■「あなたはあなたの欲を、どのように人生に活かしますか?」
---------------------------------------------—-
<魔法のレシピ>
■ 人生は、どこからでもカムバックができる
■ 自分次第で、人生は楽しいゲームとなる
■ 自分を見つめ、本当に大切なものを明確にしよう 
---------------------------------------------—-
<さくらのB級ぐるめ>★★★
 
マクドナルドでビッグマック(200円)を
いただきました。
大きな、大きなビッグマックを、たくさんのレタス
がこぼれないように、しっかりと持って一口食べると
パンチが効いたピクルス、そしてとろーりとろけた
チーズがハンバーガーと一緒にお口の中に広がり・・・
「幸福」です。
ビッグマックはコーラと一緒にいただくと、よく合います。
 
■マクドナルドは7日間限定で、ビッグマック 200円
というキャンペーンをやっています。
マクドナルドは次から、次へとお客様が喜ぶ
嬉しいキャンペーンを、展開し続けてくれますね。
将来や、経済的に、不安を感じているお客様が
増えている日本で・・・
「割安」で「お得感」のある商品やサービスは
思わず人が引き寄せられてしまう魅力があります。
これはビジネスでも応用できますね。
いつも有難うございます。