斎藤一人 奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則 (East Press Business)/柴村 恵美子

¥1,500
Amazon.co.jp
ハッピーリーダー塾で
斎藤一人さんの一番弟子である柴村恵美子社長の
お話しをお聞きしました。
柴村恵美子社長は、斎藤一人さんの
『大宇宙エネルギー療法』でも著名ですが
「学ぶなら、難しいことよりも、
普通の人にもわかるような、簡単ことを
学んだ方がいいよ。」☆(*^o^)乂(^-^*)☆
と教えてくださいます。
 
■『ひとり塾』柴村恵美子社長のHPはこちら
http://www.tuiteru-emi.jp/moushikomi.html
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
奉仕の氣もちで働こう
----------------------------------------------
 
◆『奉仕の氣もちで働こう』というのは
まず先に自分の仕事はチャッ、チャッとこなして
その余力で、奉仕の氣持ちで働くことです。
それが『実力』になるのです。
まず仕事は、手際よくやることです。
スピードを上げてチャッ、チャッとこなすのです。
さすが!(流石)という感じは・・・
「石が流れる」と書きます。
『勢力』とは、勢いをつけてやることです。
だから全力で勢いをつけてやると、それが
『勢力』となり、あなたの実力になるのです。
 
◆『奉仕の氣もちで働こう』とういうのは
「自分の時間をどれだけ相手に渡せるか?」
ということです。
そういう人が『人から愛されるのです。』
そして仕事や会社にとって今、必要なことを
必死で考えるのです。
そうすると、『知恵がでる』のです。
 
◆さらに恵美子社長は、これからの時代は
・『顔のつやを出して』
・『キラキラ光るものをつけて』
・『こぼれる笑顔でいること』
がより大切な時代ですd(-_^)good!!
と教えてくださいます。
豊かな波動を出していると、豊かな人が集まります。
豊かな人は、貧しい波動を出している人から
離れてゆきます。
不思議なことに、貧しい波動を出している人は
貧しい波動を出している人が、わからないのです。
 
◆そしてもう一つ大切なことは・・・
・成功しても威張らないこと。
・自慢しないこと。
・傲慢にならないこと。
です。
 
以前、ある方に「お洒落の意味」について
教えていただいたことがあります。
お洒落をすると、自分自身にそのお洒落な姿が
見える時は、自分自身が鏡を見ているときだけです。
お洒落は、自分が見る時間より他の人に
自分のお洒落を、見られている時間が
圧倒的に長くなります。
だから
「お洒落は自分のためではなく、お洒落は
人のためにするのです。」
ということでした。
「・・・なるほど?o。.(??。 ??)ポッ」
 
いつも明るく華やかで、元気な恵美子社長
「本当に有難うございます。」
益々、心が明るくなりました。
 
■『あなたは、毎日どのように奉仕の氣持ちで
働いていますか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 豊かな波動を出していると、豊かな人が集まる
■『顔のつやを出して』『キラキラ光るものをつけ』
『こぼれる笑顔でいること』を大切にしよう
■ 輝く笑顔でお洒落をしよう
----------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★
セブンイレブンのおつまみシリーズから
『ザーサイ』をいただきました。
 
1回分位に小分けされていて、ちょうど量がいいのも
嬉しいです。
 
お酒の肴に最高のザーサイですが・・・
漬物の搾菜は1900年頃に四川省で作られ、
1930年頃から本格的に流通するようになったという
比較的歴史の浅い漬物だそうです。
収穫したザーサイの茎の肥大部を天日に干し、
一度塩漬けにしてから搾って塩分を抜き、
調味料(塩、山椒、唐辛子、酒など)と共に
甕(かめ)に押しこんで本漬けします。
「搾菜」の名前の搾は塩水を搾ることあるいは
搾るように甕(かめ)に押しこむところから
来ているのですね。
 
最初の塩漬けだけをした搾菜もあり、香辛料で
本漬けしたものは「四川搾菜」と呼ばれ、
塩抜きしてから刻んで薬味にしたり、ゴマ油で
炒めて食べる事が多いようです。
 
中華粥には欠かせない薬味であり、
中華まんや餃子の具にも使われていて、
お酒の肴としても食べられています。
日本でも非常に人気のある漬物であり、
多くは日本人の好みに合わせてマイルドな味付け
になっているそうです。