カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/村上 龍

¥1,680
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿で、2011年3月10日放映
買い物に来ると楽しくなる
「Francfranc(フランフラン)」を展開する。
バルス社長の髙島郁夫社長(54歳)の特集を観ました。
「Francfranc(フランフラン)」
グループブランドを含め、年商333億円・国内外に
152店舗を展開する家具・生活雑貨の大手企業です。
※従業員数600人、平均年齢31歳
 
「女性のハートをわしづかみにする秘訣とは?」
■フランフランはこちら♡o。.(✿ฺ。 ✿ฺ)ポッ
http://www.francfranc.com/
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
トレンドをとらえるのではなく同調しよう
---------------------------------------------
 
◆「Francfranc(フランフラン)」は
「楽しさ」をキーワードに豊富な品揃え・低価格・
顧客目線を徹底することで、女性たちの熱烈な支持を
集めています。
髙島郁夫社長はいいます。
「プロに喜んでもらう商品よりも、渋谷を歩いている
若いお姉さんに、喜んでもらうほうが、よっぽど
価値がある。」
「生活臭が溢れているなかで、朝のコーヒーを
可愛いピンクのマグカップで飲んだら、少し
楽しくなるんじゃない?」という感じです。
 
◆高島社長はターゲットを、25歳の独身女性から
精神的に25歳の女性に変更したそうです。
「50歳でも、気持ちは25歳、そういう人です。」
「500円のマグカップやキャンドルを立てるだけで、
幸せな気持ちになるなら、それはそれで価値がが
あるのじゃないか?」
と思います。
 
◆商品のコピーも楽しいです。
・鍋持ち手袋に
「君の手を僕が守る!」
・石鹸に
「泡立て。泡立て。女子力倍増!」
こういうコピーは、照れていたら書けないそうです。
高島社長は、
「カッコいい!というよりも、楽しい!」
といってもらいたいですとのこと。
 
◆商品は毎月、入れ替わる商品は1000種類
ということで、常に新商品が必要になります。
そこで㈱バルスの高橋社長は
拠点を香港に移して、工場のある中国との連絡を
より密にするようにしています。
商品の判断基準は?
「自分がグッとくるかどうか?」です。
「自分が欲しいかどうか?」です。
お客様の声を聞くよりも、こちらから
商品提供してリードしてあげた方がいいと
考えるようになったそうです。
 
◆高島社長は、54年間の生活体験や経験から
「Francfranc(フランフラン)」の商品を選んでいるそうです。
そして、良い商品を提供するために、
社員に「もっと遊べ!」といいます。
「早く帰れ」「まっすぐ家に帰るな」「休みとれ」
といいます。
映画でも、スポーツ観戦でも、絵画鑑賞でも!
「知る」「見る」「食べる」ということです。
日常に、より深く入ることが感性を育てるのです。
「お休みの日に食器が可愛いと、
ちょっと氣分がハッピーになる。」
◆高島社長は
「Francfranc(フランフラン)」の社員との会合で・・・
「不景気なんて、いつでもある。
世の中が変わっただけで、お客様が変わっただけ、
”それに”、自分達が合わせていくことだ。」といいます。
リーマンショックの前、会社が良い時期に
「Francfranc(フランフラン)」はどんどん商品が増えて
さらにお店もどんどん出た。
その時、少し鼻が高くなっている氣がした・・・。
だから「その鼻をおらなきゃ」と思った。
そんな時は・・・
「商品を創るな、店も出すな、寝てればいい!!」
なぜなら、アイデア浮かばない時、下手な鉄砲を数うっても
あたらないですよ。
だから2年間「商品をつくるな、店を出すな!寝てろ!」
と社員にいいました。
◆高島社長はプライベートでも
トライアスロンやサーフィンをして身体を鍛えていました。
高島社長は
「身体が鍛えられると、精神的にもタフになり
ピンチに強くなる。」といいます。
そして趣味のサーフェンをコンセプトにしたお店も
出しました。
 
◆大学卒業後、出身地の福井で家具メーカーの営業マン
として働いていた髙島郁夫氏は、1992年、新たな湾岸スポット
として注目を集めていた天王洲アイルに
「Francfranc(フランフラン)」1号店をオープン、
こうして高島社長の経営するバルスは、25歳の独身女性を
ターゲットに、オリジナルの家具と生活雑貨を武器に
「Francfranc(フランフラン)」を展開して破竹の勢いで成長を続け、
2002年にジャスダック上場、
2006年に東証一部上場を果たしました。
高島社長はいいます。
「人が楽しくしたいところは、『なにげない』ところ
例えば、ピンクのまぐカップで朝のコーヒーが飲みたい!
みたいなことなのですよ。」
◆村上龍さんの最後のコメントが響きました。
女性に圧倒的な人気がある小物・雑貨店の経営者は、
感性などという曖昧なセンサーではなく肉体で思考する
人物だった。
初対面だったが、まるで学生時代の友人に会ったような
感じで収録はとても楽しかった。
客の潜在意識を掴む為には無意識下を探らなければ
ならないが、それは作家の作業と共通している。
高島さんは太陽や海や波、そして風や木の葉の
揺らめきにアンテナを向け、トレンドをとらえるの
ではなく同調しようとしているように思えた。
 
「感性でなく、肉体で」  村上龍さん
■豊かさを創る質問■
「あなたのビジネスで、何気なく、人が楽しくなる
ところはどこですか?」
「あなたが、生活の中でぐっときた商品やサービスは
何ですか?」
身体を鍛えることで、心を鍛えましょう(^O^☆♪
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 人が楽しくしたいところは、「なにげない」ところである
■ 自分の生活体験や経験から「ぐっとくる商品」を選ぼう
■ 感性という曖昧なセンサーではなく、肉体で思考しよう
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★
朝マックでマックグリドルをいただきました(^O^☆♪
マックグリドルは「パンケーキサンド」と
いう感じ。。。( ゚^∀^゚)σ゚。
 
ちょっと奇抜な味だけど、くせになるおいしさ。
メイプル風シロップ入りのパンケーキに
ソーセージパティを挟み込んだ
新感覚のパンケーキサンドです。(#^.^#)
マクドナルドは、いつも「グッとくる新商品」を出し続けてくださるので
ついついお店に入ってしまいます。
さらに、一日の個数限定ハンバーガーや、期間限定の商品などがあると
「今、買わないと・・・食べれないかも。。。( ゚^∀^゚)σ゚。」などと
衝動的に購入したくなりますね。
 
マックもモーニングは、『ソーセーマフィンとドリンクのセットも200円』です。
リーズナブルでうれしいですね~(^O^☆♪
景氣が低迷する中で、多くの人が家計をきりつめ「割安」で「お得」なものを
求めるトレンドの中で、マクドナルドが支持される理由がわかるような
氣がしますね。
 
有難うございます。