カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)/村上 龍

¥800
Amazon.co.jp
2011年3月3日放映の カンブリア宮殿で
前・外務省事務次官である薮中三十ニ(やぶなかみとじ)氏
「世界の情勢が激変するなか、日本の外交は大丈夫か?」
を観ました。
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
情報を整理しよう
---------------------------------------------
国家の命運 (新潮新書)/薮中 三十二

¥714
Amazon.co.jp
◆村上龍さんが取材に伺うと薮中さんは、現役時代から
続けている日課の真っ最中。
「フィナンシャルタイムズ」と「ヘラルドトリビューン」
新聞に、赤ペンで「○」と「線」をつけて切り抜いていました。
村上龍さんは、この作業に釘づけになりました。
諜報組織のCIAも、スパイ活動よりも殆どの作業は
膨大な新聞情報などを整理するこだといいます。
世界のTOPリーダーはこの2紙は読んでいるそうです。
 
◆「尖閣諸島問題」について、薮中さんのご意見です。
 
「尖閣諸島問題」は、中国が変わり始めたのが原因だといいます。
 
この中国の海洋進出は
「アメリカも大したことがないΣ≡=-ヘ(*゚∇゚)ノ
自分たちに、影響力がある」と考え、
中国の人民解放軍は、大国主義をもち始めた。
 
◆「ロシアの北方領土問題」について
薮中さんのご意見です。
 
ロシアは2013年に大統領選挙があります。
外交問題では、双方が「全てHAPPY」ということは
ありません。
 
ポイントは日本とロシアに
『双方に強力な安定した政権が必要である。』
ということです。
 
◆北朝鮮が、テポドンを撃ち、混乱しているときに
「6カ国協議」が開かれました。
薮中さんは、そこで「拉致問題の解決を提案したい」と
考えました。
「核問題の解決」と「拉致問題の解決」と「経済支援」を絡めて
論理的に、中国、ロシア、韓国を説得して廻りました。
薮中さんは緻密なロジックで、熱意と信念をもって対応してきました。
その結果、拉致問題の家族5名が、小泉首相とともに帰国できる
ようになりました。
 
◆薮中さんはいいます。
交渉では「何が強いか?」神秘的です。
例えば、北朝鮮は、反対勢力や世論がないので強いのです。
例えば「嫌だ!」「嫌だ!」といっていて
いきなり「交渉を進める」ように切り替えることができます。
では交渉で、何故、ロジック(論理がとおること)が必要か?
というと、ロジックが、世界の共通用語だからです。
・宗教も文化や背景が違う人々が
「まあ、わかるだろう!」では、わからない。
ですからロジックが必要なのです。
・ それに相手がいっていることに
もし「筋がとおっていない」と、外交官が国に返ってから
「お前はバカか?」ということになります。
だからロジックが必要なのです。
 
◆薮中さんの【交渉の鍵】とは・・・
①相手が、何を狙っているのかを見極める
②相手が、交渉と結論を急いでいるかを見極める
③相手の人柄、力量を見極める
ことだといいます。
逆に、交渉にいろんな人が手柄をたてようとして
入ると難しくなります。
◆藪中さんはいいます。
今、世界は変革の時代を向かえている。
その中で「日本はこういう国だ」とイメージを
持ってもらうことが大事です。
「世界に貢献していく」のが、日本のブランドイメージに
追加されるようになりたい。
「日本は経済大国になって、軍事大国にならない!」
この決意と、日本の姿勢が世界のモデルになります。
その為に「堂々と世界に訴える」という事が
日本のイメージであり、そして日本国家の生きる道です。
◆外交の難しいところは、相手が嫌でも辞めることができません。
だから、たとえ「あいつは嫌な奴だなあ」と思っていても
相手をその氣にさせることだといいます。
その為にも世界中に友達をいっぱい持つことが大事なのです。
それが、広い意味での安全保障になる。
それには、あまりピリピリしてはだめです。
交渉では人間関係が大切なのです。
 
日本の外交をリードしてきた薮中さんのお話しは
そのお人柄とともに、説得力がありますね。
 
■豊かさを創る質問■
「あなたは、どんな情報を毎日整理しますか?」
「あなたの理想の自己イメージはどんな人ですか?」
「あなたの親友は誰ですか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 交渉ではロジックが世界の共通用語
【交渉の鍵】は
①相手が、何を狙っているのかを見極めること
②相手が、交渉と結論を急いでいるかを見極めること
③相手の人柄、力量を見極めること
■ 「自分はこういう人間だ!」
「自分の事業はこういう事業だ!」
というしっかりとした、自己イメージをもとう
■ 世界中に友達をいっぱいもとう
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
ランチは五反田・広東市場のワンタン麺をいただきました。
 
今回は、海老ワンタン麺!!ヾ(@^▽^@)ノ
具がたくさん入ったワンタンに海老がプリッと
1尾入っていて、食感も風味も最高です。
 
スープは醤油味と塩味o(*⌒ω⌒)b
お勧めは塩味です!
 
特性の食べるラー油でワンタンを頂くと
香ばしさが加わりさらに美味しい♪
スタッフも元気があって気持ちいい接客をしてくれます。
しばらく、この店にはまりそうですね( *´艸)( 艸`*)
 
有難うございます。