ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]/ブラッド・ピット,ケイト・ブランシェット,タラジ・P・ヘンソン

¥3,980
Amazon.co.jp
映画『ベンジャミン・バトン』を観ました。
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
愛は永遠である
----------------------------------------------
 
ここからは 映画『ベンジャミン・バトン』の
あらすじになります。
 
◆1918年、ニューオリンズの駅に開駅記念の時計が
掲げられることになりました。
その除幕式には時の大統領セオドア・ルーズベルトも出席していました。
しかし、披露された時計を見て人々はざわめき立ちます。
時計の秒針が逆回転しているのです。
「時を戻せば、戦死した息子たちが帰ってくる。
申し訳ないがこれが私の時計だ」。
時計職人のガトーは戦争で息子を失っていました。
彼の深い悲しみが時を逆に刻む時計を作ったのでした。
 
◆時を同じくして、ニューオリンズの街に
ベンジャミン・バトンが誕生しました。
父親は彼を見て驚愕しました。
赤ん坊はしわくちゃの顔をしていたのです。
 
ベンジャミンは生まれたときから80歳の体を持つ小さな老人でした。
捨てられたバトンを育ててくれたクイニーは老人介護ホームに
住み込みで世話をする仕事をしている女性でした。
“小さな老人”ベンジャミンは入居者の老人たちに囲まれて
成長していきます。彼の場合、成長とは若返ることでした。
 
◆若返るといえば聞こえはいいのですが、彼の場合、時を経て
赤ん坊になっていくことを意味していました。
ベンジャミンは生涯愛する人デイジーを伴侶に得て、娘も誕生します。
しかし、次第に普通に老化するデイジーと違い、若返っていく
ベンジャミンはデイジーや娘と一緒に年を取ることができません。
 
デイジーは「全て受け止めるから」とベンジャミンに言うのですが、
ベンジャミンは娘に必要なのは一緒に年を取る父親だと考える
ようになりました。
「永遠はないんだなって。残念だけど」。
ベンジャミンは家を出ていってしまいました。
 
◆10数年も経ったのち、ベンジャミンはふらっと家に戻ってきます。
デイジーは再婚していました。
デイジーは突然の来訪に驚きますが、ベンジャミン自身もなぜここに
戻ってきたのか分かっていませんでした。
「永遠なんてない」という彼女にベンジャミンは「永遠はあるよ」。
それがベンジャミンとデイジーが最後に交わした愛の時間でした。
 
◆さらに何年もの長い時間が経過し、老いたデイジーは一本の電話を受け、
ベンャミンの養母クイニーがかつて勤めていた老人介護ホームに向かいました。
ベンジャミンが児童福祉局に保護されたというのです。
ベンジャミンは、すっかり記憶を失くし、少年の姿になっていました。
ベンジャミンは初期の痴呆症を患っていたのです。
ホームに転居してきたデイジーとともに老いていったベンジャミンは赤ん坊
の姿で人生を終えていきました。
デイジーの腕に抱かれて眠るように亡くなったのです。
亡くなる直前、赤ん坊になったベンジャミンはデイジーの顔を見上げ、
「デイジーが誰かを思い出した。」
 
◆ベンジャミンの「愛」はその数奇な人生の中で、
外見はともかく様々な人に出会い、成長してきました。
「望みはきっとかなう。いつ始めてもいいんだ」
「道を見失ったら自分の力でやり直せばいい」
娘のキャロラインに向けて送られた葉書の
ベンジャミンの言葉は、彼の人生の軌跡をそのまま表しています。
「愛」とは何なのでしょうか?
「永遠なんてない」というデイジーに、ベンジャミンは
「永遠はあるよ!」といいます。
現実の人生で、時の流れは変えられませんが、
いつまでも魂に刻まれた「永遠の愛」があるのでしょうね。
 
◆豊かさを創る質問◆
「あなたの人生で、永遠なものは何でしょう?」
「あなたは人生で道を失ったら、どうしますか?」
「あなたは限りある人生で、何をしますか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 時は止められない 
■ 孤独を知る人は、愛を知る
■ 愛は無限である
----------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
サイゼリヤにランチをしにゆきました。
 
ハンバーグにお野菜、コロッケにライス
それにドリンクバーがついて600円とは、やはり割安な感じですね。
 
サイゼリヤは、学生から、主婦、そしてシニアまで
お食事をして、お茶をドリンクバーでゆったり楽しめる
ということで、都会の社交場のようですね。
(●^▽^)人(^▽^●)
 
■サイゼリヤのランチはこちら
http://www.saizeriya.co.jp/cgi-bin/menu/view_lunch.cgi
有難うございます。