無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法/勝間 和代

¥1,575
Amazon.co.jp
書籍『起きていることは全て正しい』ダイヤモンド社の
著者である勝間和代さんは
「目標を紙に書くと叶う」とか
「普段から綺麗な言葉を使うように心がけると、廻りも浄化される」
というのは潜在意識を使いこなすテクニックの一つだと
解釈されているそうです。
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
潜在意識を使いこなすテクニックをマスターしよう
---------------------------------------------
 
◆勝間和代さんは、顕在意識が支える
『意思の力は、人間、決して強くない』というのが持論だそうです。
だから『潜在意識まで入れて、強制力をつける』とか、手帳などの
コミットメント・デバイスを使って、うまく『潜在意識』を『顕在意識』に
もってくるのをサポートする仕組みをつくるなど、メンタル筋力の強化は
『潜在意識の使いこなしによって可能』だと考えています。
 
◆勝間和代さんは、将来や運命は、「何らかの明確な目標」があったり
「より自分は運がいい」と考えることが、いい方向へ導くてがかりになる
と考えているそうです。
『ディシジョン・ツリー』と呼ばれるそうですが、目標に向かって
毎日100個も200個も意思決定をしているわけですから、ちょっとづつ
目標に近い決定をに、日々確率を上げていくほうがいいでしょう。
 
◆具体的には、日常の些細な意思決定、それこそ朝何時に起きて、
何を食べて、どの道を通って、誰にあって、どの順番で仕事をして、
ランチには何を食べてなど
意識しなくても、無意識(潜在意識)でその目標を達成しやすいように
少しずつ意思が働いているそうです。
この些細な意思決定の違いが、同じスタートポイントから始まっても
ちょっとした違いが積み重なって、どんどんシナリオが変わってくるのです。
 
◆「どこに向かっているのか」を理解して活動している人と
「行きあたりばったり」で行動している人と
どちらが効率がいいのかは、自明の理です。
したがって、無意識、つまり潜在意識で処理されてしまうプロセスを
自分の味方につけるか、ということが重要になります。
勝間和代さんは、それが「引き寄せの法則」の正体だと感じられている
そうです。
そして、ほんのわずかな、些細な行動の違いが、将来の大きな違いに
つながっていくのです。
 
■豊かさを創る質問■
「あなたは、自分で自分のことを否定したり、苦手意識を
もったりしていませんか?」
「あなたはリラクゼーションや瞑想、自己暗示、必要な情報の過飽和入力
『虫のしらせ』や『直感』を活用していますか?」
「あなたは潜在意識を意識的に活用しようよ思われますか?」
※書籍『起きていることは全て正しい』はこちら
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術/勝間 和代

¥1,575
Amazon.co.jp
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 顕在意識が支える意思の力は、決して強くない
■ ほんのわずかな、些細な行動の違いが
将来の大きな違いになる
■「どこに向かっているのか」を理解して活動しよう
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
マクドナルドでソーセージマフィンとコーラの
モーニング200円をいただきました。
 
マクドナルドの朝食は温かくて、便利で嬉しいですね。
 
焼きたてのイングリッシュマフィン。
ソーセージパティは、かみしめるほどにジューシーでスパイシー。
クリーミーなチーズからひろがる、まろやかなコク。
 
3つの香りと味わいが生み出す美味しさのハーモニー
 
手軽で楽しい朝食をいつも有難うございます。(^^)爻(^^)