強運/斎藤 一人

¥1,575
Amazon.co.jp
斎藤一人さんは書籍『強運』のなかで
「ひとつ上」「ひとつ上」という進み方だと歩みは
少ないように見えるけど、それでも心配はいりません。
なぜならその人をグンと押し上げようとする加速する力
「加速の法則」というのが働くからだと教えてくださいます。
 
■豊かさを創る質問■
・あなたは「もともとの努力もしないで強運に恵まれたい!」
などと考えていませんか?
・あなたは一つ上を目指して、人の心を打つほど一生懸命に
腕を磨いて、勉強をしていますか?
・あなたは見ている人が感銘をうけて「加速の法則」が
働くほど、一生懸命にやっていますか?
 
_______________________________
<魔法のレシピ>
『加速の法則』がはたらく
_______________________________
 
◆たとえば「僕はフランス料理店を持ちたいんです。」っていう
若者がいるとします。
 
その若者は一生懸命に料理の腕を磨いて、お休みの日には
いろんなお店を見て勉強する。
貯金できるのは、毎月1万円だけだとします。
これでは一年間に12万円しか貯まらない。
10年やっても120万円ですよね。
 
◆120万円なら、自分でお店をつくるときの権利金にも
ならない。
そうするとお店をもつまでに100年くらいかかっちゃう
計算になるのです。
ところが現実はそうじゃないんです。
 
◆一生懸命にやっていれば、
「この人は顔晴ってるから給料を上げてあげよう」と
だんだん給料があがってくることもある。
そうすると2万円貯金できる月や、3万円貯金できる
月もでてくる。
 
それから「君、見込みがあるから、スポンサーになって
あげるよ」という人が出てくることもある。
 
◆その若者は、想像以上に早く、フランス料理のお店を
持てたりする。
これが『加速の法則』です。
でもそれは、見ている人の心を打つほど、若者が一生懸命
だったからなんです。
 
◆毎日の仕事を、見ている人が感銘をうけるほど一生懸命に
やっていると「加速の法則」が働くのです。
感動の条件 ~あなたの一生を1時間で変える本~ [DVD付]/永松 茂久

¥1,680
Amazon.co.jp
斎藤一人さんのお弟子さんの永松 茂久さんも
地元の大分県の中津市で一生懸命に居酒屋をやっていたんです。
そしたら斎藤一人さんの知り合いの本屋の社長や米屋の社長が
永松 茂久さんの働き方に感動して「一人さんに会ってみな!」って、
斎藤一人さんを紹介してくれたのです。
 
◆斎藤一人さんも永松 茂久さんの顔を見たら一生懸命やっているのが
わかるから応援してやろうという氣になったのです。
でもそれって、ただ単に運じゃないんです。
永松 茂久さんがもともとやってきたことがあるからなんですよ。
 
もともとの努力もしないで、強運に恵まれたいなんて無理なんです。
 
基礎もないのに『ビルを建てたい!』
というのと同じことなんです。
 
■永松茂久さんの『感動の条件 FOR YOU』はこちら
http://nagamatsushigehisa.com/
 
■斎藤とりさんの書籍『強運』はこちらから!
強運/斎藤 一人

¥1,575
Amazon.co.jp
_______________________________
<魔法のレシピ>
■ 「もともとの努力もしないで強運に恵まれたい」というのは
基礎もないのにビルを建てたいというのと同じである
■ 一つ上を目指して、人の心をうつほど一生懸命に腕を磨いて
勉強をしよう
■ 毎日の仕事を、見ている人が感銘をうけるほど
一生懸命にやっていると「加速の法則」が働く
_______________________________
<さくらのB級グルメ>
 
麻布十番の『ゆであげスパゲティーの五右衛門』で
エビとアボガドとフレッシュハーブのジェノバ風を
いただきました。
 
アボガドとエビが、湯でたてのスパゲィーによくあいます。
五右衛門のランチスープはほっとするお味で癒されます。
アイスコーヒーと一緒に、お箸で食べる、ゆでたてスパゲティー
を堪能させていただきました。
 
■『洋麺屋五右衛門』の歴史■
 
お箸で食べるスパゲッティーの草分け『洋麺屋五右衛門』は
1976年、日本人が美味しいと感じる、独自の創作パスタを生み出す
お店として渋谷に誕生しました。
麺の料理を日本人が美味しいと感じるために、フォークではなく、
お箸で食べるスタイルに。
 
スパゲッティーは、ゆであげのアルデンテを味わっていただくため、
たっぷりのお湯で泳ぐように茹であげられる、大きな五右衛門釜を採用。
そして、スパゲッティーを盛り付けるお皿は、五右衛門オリジナルで
作っている有田焼、提供はお盆で。
本場イタリアの食材を使っていますが、イタリア料理ではない、
日本生まれの日本のスパゲッティー、それが五右衛門です。
※『洋麺屋五右衛門』はこちらからどうぞ
http://www.yomenya-goemon.com/