人を動かす 新装版/デール カーネギー

¥1,575
Amazon.co.jp
ディール・カーネギーの名著『人を動かす』を読みました。
 
『自己の重要感を満たす方法』は
人それぞれ違っており、その方法を聞けばその人間が
どういう人間であるかがわかる。
 
■豊かさを創る質問■
・あなたは、相手の自己の重要感をどのように満たしますか?
・あなたは相手のいいところを探して相手に伝えていますか?
・偉くなったら、あなたはさらに人に重要感を与えますか?
 
_______________________________
<魔法のレシピ>
相手の自己重要感を満たそう
_______________________________
 
◆『自己の重要感を満たす方法』によってその人間の性格が
きまるのである。
これは大変意味のあることで、
J.Dロックフェラーにとって『自己の重要感を満たす方法』は
中国の貧民のために病院を建てる資金を寄付することであった。
 
ところがデリンジャーという男は『自己の重要感を満足させる』
ために、泥棒、銀行やぶり、ついには殺人犯になってしまった。
 
◆デリンジャーはGメンに追われ、ミネソタの農家に駆け込んだ
そのとき彼は、「俺はデリンジャーだ!」といった。
自分が凶悪犯であることを誇示したのである。
 
デリンジャーとロックフェラーとの重要な違いは、自己の重要感を
満たすためにとった方法の差である。
あなたはどんな方法で自己の重要感を満たしますか?
◆斎藤一人さんは教えてくださいます。
『人のいいところを見つけることは、簡単そうでとても大変なことです。』
一日に五人しか褒められないかもしれないし、一週間にたった
一人かもしれない。
 
でも、神様は、そのことをやり続けているあなたのことを見ています。
 
◆神様があなたを豊かにして、ベンツにでも乗れるようにしてくれて
運転手もつけてくれるのです。
 
そうなった頃には、その運転手にたった一言「おまえさんはなかなか見所あるねえ」
と言っただけで、喜ばれるようになるのです。
つまり、人のいいところなんていうのは、探すまでもなく、
あなたが一言かけただけで人に喜んでもらえるようになるのです。
ということは、ベンツに乗れるようになったなら、そのベンツは
「神様が、人を褒める、重要感を与えるための武器なんだ」と考えて
セッセ、セッセと人に重要感を与えなくてはならないのです。
 
◆ところが、この武器をもらっても「ベンツに乗っているから偉いんだ」
と言って、自分の重要感ばかりを満たそうとする人がいます。
そんな人は心が貧しいから、そのうち、ベンツには乗れなくなるでしょう。
ベンツに乗っている社長に褒められた人は、どんなことであろうと嬉しいんです。
ベンツに乗ることができるほど豊かになったということは
「人のことを褒めて、褒めて、褒めまくりなさい」ということなのです。
 
◆斎藤一人さんは納税額で、歴代日本一です。
すると、一緒の席でご飯を食べただけでも、みんなが喜んでくれる。
褒めやすくなったのです。
人に重要感を与えやすくなったのです。
 
一人さんは偉くなったら、さらに人に重要感を与えるように!
と教えてくださいます。
※斎藤一人さんの人を動かすはこちら
斎藤一人の人を動かす/永松 茂久

¥1,575
Amazon.co.jp
_______________________________
<魔法のレシピ>
■ 自己重要感の満たしかたは人それぞれである
■ 人のいいところを探して相手に自己重要感を与え続けよう
■ 偉くなったら、さらに人に重要感を与えよう
_______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★
サイゼリヤで白ワインをしました。
「ん・・・ワインをしましたって?」( ..)φメモメモ
※映画『食べて、祈って、恋をして』によると
ワインは『癒し』という動詞です。(*´・∀・`)ε(´・∀・`*)з
 
サイゼリヤの『ムール貝のガーリック焼き』は
白ワインとフォカッチオとの相性も抜群です。
 
ムール貝のふくよかなお味は、まさに至福!
 
<簡単な作り方を発見しました>※ヤフーの知恵袋より
ディアボラ風+ガーリックマーガリンを加えています。
1.玉葱、万能葱を細かく切って水に晒し苦味を抜く。
2.エキストラバージンオリーブオイルをよ~く吸わせる。
3.ムール貝に1と2で作成を乗せる
4.マーガリン、ガーリックパウダーを乗せオーブンで焼く
家庭でも近いものが出来るそうです。嬉しいですね(^^)/
■サイゼリヤはこちら

http://www.saizeriya.co.jp/