カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)/村上 龍

¥800
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿で『執念の商品開発』
カンブリアファイル263
『株式会社 本多プラス 本多克弘社長・孝充専務』
取引先3000社、知られざるプラスチック小型容器の巨人
本多プラスの「自分で考え、自分で創って、自分で売れ!」を観ました。
 
■豊かさを創る質問■
・あなたは『他人のやらないこと』をやっていますか?
・あなたは、人が「できない!」「不可能だ」
ということをやっていますか?
・あなたは 『必ずできる!』と考え
打つべき手をどんど打っていますか?
 
_______________________________
<魔法のレシピ>
他人のやらないことをやろう!
_______________________________
 
◆本多社長の信念は?
『他人のやらないことをやる』
どんな小さなことでもいいから!
本多プラスの強み!それは「プロ―成形」という技術です。
金型にプラスチックを流し込み空気を入れて成形する。
この手法でどんな形の商品でも作ってしまう。
中でも化粧品のボトルや、目薬のケースなど、ブロー成形に向かない!
とされる小型の製品を得意分野としている。
 
元々この技術は手作業で作っていた「筆のサヤ」の製造を機械化しようと、
父・本多克弘社長が取り入れた技術だった。
周囲の反対を押し切って機械を購入し試行錯誤の結果、
ブロー成形器による筆の鞘が完成した。
そして筆のサヤの量産化に成功。
 
◆他にも「修正液の容器をガラス瓶から、樹脂でつくれないか?」
ガラス瓶だと、乾くと使えなくなる、出過ぎてしまう。
「樹脂でつくれないか?」とメーカーから依頼がきた。
アルコールでプラスチックは溶けてしまう。
そこでナイロンを使った修正液の容器をつくるが
ナイロンでつくるのは他人がやらないことだった。
微妙なバランスができないのだ。
ところが本多克弘社長は、他がやらなかったナイロンの容器を
2年かけてつくりあげてしまった。
 
◆製造業が厳しいと言われる現在、本多プラスは
どんどん業績をのばしている。
本多プラスの本多克弘社長はいいます。
会社が厳しい中でも『他人のやらないこと』をやってきた。
ある時、本多克弘社長はスタッフから
「社長、こんなことやったら潰れる!」と言われた。
本多社長はこの時いいました
「これができなければ会社は生き残れない!」
『他人に真似ができないものをやる!』
ということが『他人のやらないことをやる』ということなのです。
 
◆村上龍さんの
「ひょっとしたらできないかも・・・とは考えないのですか?」
という質問に
本多社長はいいます。
『必ずできる!』と考えています。
できないとは考えずに、打つべき手をどんど打ってみる
ことです。
『他の人ができない! 不可能だ!』ということをやることで
自信がついてきました。
 
■『カンブリア宮殿 社長の金言』はこちら
カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)/村上 龍

¥800
Amazon.co.jp
_______________________________
<魔法のレシピ>
■ 『必ずできる!』と考える
できないとは考えずに、打つべき手をどんど打ってみる
■ 『他人に真似ができないものをやる!』ということが
『他人のやらないことをやる』ということである
■ 人が「できない!」「不可能だ」ということをやることで
自信がついてくる
_______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★
 
新宿の韓国料理・健美惣菜 自然洞
Asian Dining Cha‐Yon‐Donへランチに行きました。
 
1000円で、韓国料理が食べ放題のお店です(^^)v
 
 
・白菜キムチ
・大根キムチ
・胡瓜キムチ
・季節の旬サラダ
・青梗菜と海老の塩炒め
・茄子とこんにゃくのピリ辛炒め
・トッポギのコチュジャン煮
・チャプチェ(韓国春雨のうま煮)
・帆立貝とキノコの薬念炒め
・デジプルコギ(豚肉の焼肉)
・野菜たっぷりチヂミ
・韓国冷麺/盛岡冷麺
・旬食材のキムチチゲ
・ふわふわ玉子スープ
・ベジフルジュース
・柚子茶&各種健康茶
 
などなど・・・20種類以上のメニューが食べ放題
で1000円でした。
 
店内もお洒落で、落ち着ける雰囲気(。◕‿◕。)o彡°
混雑もしてなく、ゆっくりできました。
とっても美味しかった~o(*⌒ω⌒)b
 
新宿にも、まだまだ知らない素敵なお店が
たくさんありますね~
☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
有難うございます