電球や蓄音機を発明して、GEを起業した
「T.エジソン」は
学歴も、お金もない状態からスタートして
何故?
「成功」することができたのでしょうか?
天才エジソンの秘密 母が教えた7つのルール/幸田 ヘンリー

¥1,575
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
信念を実現しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆エジソンは小学校に3カ月通っただけで
先生から「この子は知力が足りない。」と
学校を追い出されてしまいました。
そのときエジソンのお母さんは、先生にむかって
「そんなことはありません。この子はきっと
先生より、ずっと素晴らしい大人になります。」
といって、エジソンを育てたそうです。
◆エジソンはこのときお母さんを
とても頼もしく思ったそうです。
その後、エジソンは氣車の中で新聞売りの
アルバイトをしながら、研究を重ねます。
エジソンは、電球を発明したときに新聞記者から
「なぜ、あなたは1万4千回以上も失敗したのに
諦めなかったのですか?」と尋ねられました。
そして「私は、一度も失敗などしていない。
『これではダメだ』という発見を14000回して
『これは正しい』という発見を1回しただけだよ」
と答えました。
つまり「失敗」ではなく「発見」だと思っていたんですね。
 
◆電話の発明では、エジソンの発明した電話機は
音が途中で減少してしまい、中継地点で音を増幅しなければ
目的地まで、音が届きませんでした。
そこで電話の発明はグラハム・ベルに先を越されて
ます。
ところがエジソンは中継地点で音を増幅する機械を
発明して「ブリキの速記者」として売りました。
これが『蓄音器』つまり、今のCDやIpodの基になったのです。
 
◆「エジソンは前向きで諦らめなかったから成功した。」
というお話しをよく耳にしますが・・・
では、どうしたら借金を抱えて発明をしているときにも
「これは失敗ではない。発見なんだ。」と言い続け
さらに行動を続けることができるのでしょうか?
◆エジソンは、鉄鋼王Aカーネギーの活用していた
「17の成功原則」を活用していました。
その3番目に「信念を実現する方法」として
「願望実現の6カ条」があります。
これはAカーネギー自身が活用して
世界一の大富豪になったものです。
◆「願望実現 6カ条」とは
①あなたが実現させたいと思う
「願望をはっきりさせる」こと
②実現したいと望むものを得るために、あなたはその
代わりに、「何を差し出す」のかを決めること
③あなたが実現したいと思っている
「願望の最終期限を決める」こと
④願望実現のための詳細な計画をたてること。
※そして、まだその準備ができていなくても、迷わずに
すぐに行動に移ること
⑤実現したい願望、そのための代償、最終期限と
詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと
⑥紙に書いたこの宣言を、「1日2回、起床直後と
就寝前に、なるべく大きな声で読むこと」
※このとき、もうすでにその願望が実現したものと
考え、そう自分に信じ込ませる事が大切である
思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき/ナポレオン ヒル

¥2,310
Amazon.co.jp
◆この「願望実現 6カ条」による
深層自己説得を、感情をこめて繰り返せば
繰り返すほど『信念』が強くなり
やがて確信へと変わっていきます。
つまりエジソンは「電球はつく」と確信していたの
でしょうね。
だからこそ
「これは失敗ではない。発見なんだ。」と言い続け
行動を続けることができたのでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 夢や願望を「確信」にかえよう
■「願望実現の6カ条」を実践しよう
■ 過去の偉人が活用していた「原則」を
人生に取り入れよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
 
新宿住友ビルの51Fにある
シャーウッドでランチをしました。
ここのサーモンのムニエルは、絶品です。
空気が綺麗な晴れた日には、東京湾までの
壮観な景色を眺められます。
 
シャーウッドの、まったりとした白ワインのソースで
サーモンをいただくと、心が豊かになります。
サーモンのムニエルのランチは
コーヒーがついて、1029円です。
新宿でリラックスしたい方にはお薦めです。