Pドラッカーは『現代の経営』のマネージメントの3つの機能の
2番目に「経営管理者のマネージメント」をあげています。
船井幸雄さんが仰られている
『組織は99%トップで決まる』ということを
さくらは、痛感しております。
 
トップが変わると、その組織全体の業績や文化が変わりはじめます。
大きく業績を伸ばすところもあれば、縮小するところもあります。
ファンや優良な顧客が増え続ける組織もあれば
顧客が流出しつづけたり、繰り返し問題を起こす組織もあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
組織は99%トップで決まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Pドラッカーは「経営管理者のマネージメント」のなかで告げています。
『経営管理者をいかにマネージメントするかで、事業の成果が決まる』
なぜなら、働く人の姿勢は経営管理者の行動を反映する。
では、企業ではどのように「経営管理者のマネージメント」をすれば
良いのでしょうか?
 
◆目標と自己管理によるマネージメントをおこなう
1.経営管理者が、事業の目標が、自らの仕事に求めている
ものを知り理解する
2.経営管理者の上司は、彼らの貢献の基づいて評価する
◆経営管理者の仕事をより適切に組織する
1.経営管理者は、組織の目標達成に目に見える貢献をする
2.経営管理者は、組織の目標によって方向付けされる
◆組織に正しい文化を生み出す
1.組織とは、凡人に非凡なことをさせること
2.優れた組織の文化は、「弱み」ではなく「強み」に焦点
を当てることで生まれる
◆CEOと取締役会を中心に置く
1.統治のためにCEOを置く
2.評価と審査のために取締役会を置く
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎 夏海

¥1,680
Amazon.co.jp
◆明日の経営管理者を育成する
現在の意思決定をフォローする人間を育てる
◆健全なる組織構造を持つ
1.組織の構造は、直接的で、単純、効率的にする
2.階層は最小にする。命令は最短でなければならない
3.明日のトップマネージメントの評価を可能にする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■経営管理者をいかにマネージメントするかで
事業の成果が決まる
■目標と自己管理によるマネージメントをおこなおう
■組織に正しい文化を生み出そう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
 
群馬県の高崎にやってきました
知り合いに高崎の名物をお聞きすると
『だるま弁当』ですよ
と教えてくれました。
『だるま弁当』は
高崎市郊外の少林山達磨寺で毎年1月に「だるま市」が開かれ、
開運縁起の「目なしだるま」が売り出されます。
その縁起ものの『だるま』にあやかって、駅弁の容器を
「目なしだるま」にして、さらに山菜をふんだんに
取り入れたのが「だるま弁当」なのだそうです。
 
お米は醤油味で炊いた香りの良い御飯になっており
山の幸を豊富に使い盛り付けたもので、自然の恵みを活かした手作りの味です。
さらに嬉しいのは、この『だるま弁当の容器』は食後に、貯金箱として利用できるのです。
さくらも、大切にお金をためていきますね
そして目標のお金が溜まったら、だるまさんに目を入れようと思っています。
有難うございます。