奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録/石川 拓治

¥1,365
Amazon.co.jp
NHKのプロフェッショナルでも放映されました
木村秋則さん『奇跡のりんご』幻冬舎を読みました。
木村さんが無農薬でつくる、りんごは「奇跡のりんご」と呼ばれ
白金にある有名レストランのシェフや、政治家が買い占めるほど
評判になっているそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
りんごの木は、りんごの木だけで生きてるわけではない
周りの自然の中で生きている生き物なわけだ。
『忘れてるけど、人間もそうだよ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆木村さんは、青森県のりんご農家ですが、
若いころは「効率人間」で、百姓は嫌いだったそうです。
なぜなら、土まみれになって、汗水たらして働いても
ちょっとした自然の氣まぐれで、1年間の収入が大きく減ってしまう。
計算ずくで考えると百姓は効率が悪いという結論しかでない。
◆その木村さんが、無農薬、無肥料でりんご栽培をはじめます。
すると、りんご畑は虫に食われて、何年も何年もりんごがならなくなりました。
りんご農家の収穫がなくなるということは、収入がなくなるということ。
木村さんは「バカなことをしたもんだよ。だけどその時はすでに
りんごの木の害虫と病気を抑えることしか考えていなかった。」といいます。
◆その後、木村さんの家族は貧乏のどん底、さらに廻りの人からは
竈消し(カマド消し)と非難されつづけ、ある日、木村さんは自殺を決意します。
その時に立ち入った山の中で、たわわに実をつけた「ある木」と出会います。
では、なぜ木村さんは効率人間から、無農薬のりんごをつくり始めたのでしょうか?
りんご農家は、通常、1年間に10回ちかくの農薬を撒そうです。
木村さんの奥さんは、そのたび毎に身体の具合が悪くなっていたそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆また、木村さんがトウモロコシ畑をやっていたときに
タヌキに畑を荒らされたことがあるそうです。
そこで、トラバサミという罠を仕掛けると、子供のタヌキが罠にかかります。
木村さんが子供のタヌキに近づくと、傍に母のタヌキがいて
子供を見ている。
さらに近づいても、母タヌキは逃げようとしない。
◆木村さんはその状況を見ていて
「ずいぶんヒドイことをしたなあ」と感じてトラバサミを外してあげた。
そして「もう食べにくるなよ」と
歯がかけて売り物にならないトウモロコシをその脇に置いた。
翌朝、いったら一つ残らず、歯がかけたトウモロコシはなくなっていた。
それで、トラバサミをやめてトウモロコシを収穫するたびに
歯がかけたトウモロコシを畑に置いてきた。
◆「タヌキにエサなんかをあげたら、集まってきて、さらに悪さをするんでは?」
と思ったけど、そうはならなかった。
それを見ていて『自然は人間が計画したとおりに動かないものだと思った。』
逆に「人間がすべてを持っていくから、タヌキの被害がでるのではないか?」
そんなことを考えた。
この頃が、効率的な農業からの転換だったのかもしれない・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■「何をやるか?」よりも「何故やるか?」を大切にしよう
■ 自然は人間が計画したとおりに動かない
■ 愛からはじめよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ> ★★★
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ランチでパパミラノにきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
きのこの和風スパゲティーのお味が
サービスされるパンに良く合います。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
コーヒーや紅茶はお代わり自由でゆっくり
させていただきました。
980円のお値段ですが、リラックスできる
くつろぎのひと時でした。
■パパミラノはこちら
http://www.dynac-japan.com/papa/
ありがとうございます。