レストラン『サイゼリヤ』は、開店当初は
笑っちゃうくらいお客様がこなかったそうです。
 
当時の『サイゼリヤ』のお店は、2階にあり
1階は八百屋さんでした。
 
夕方になるとその八百屋さんがダンボールを店の
前に並べてしまうので、当時の『サイゼリヤ』は
入り口が隠れてしまいます。
 
さらに、開店7ヵ月で、お客様がストーブを倒して
店が全焼してしまいました。
 
◆レストラン『サイゼリヤ』の正垣会長は、
「いったいどうやって?ここから『サイゼリヤ』を
人氣レストランにしたのでしょうか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
逆境やトラブルを成長の糧にしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆ただでさえお客様が来ないのに、店まで火事になる。
正垣さんは、どん底に落とされた氣分になり、
目の前が真っ暗になったそうです。
ところが正垣さんのお母さんは
「店が火事になるのも、店の1階に八百屋さんがあるのも
全部お前のためなんだよ。」
「お客様が、ダンボールを飛び越えてでも来るくらい
値打ちのあるメニューをつくりなさい。」と言うのです。
◆これを聞いて、こっちだって必死にやっているのに
それに、飲食業をわからないでいい加減なこというな!!
と、内心は反発したそうです・・・
ところが
「結果的にお袋は正しかった。最初のお店の1階に八百屋さん
があったから、今のサイゼリヤがある。」
と正垣さんはいいいます。
◆「お客様が、ダンボールを飛び越えてもいきたくなるお店」
とは、どんなお店なのか?
お母さんのいう言葉をきっかけに、正垣さんは必死で考えました。
シェフとしての自分を考えた場合、腕に自信はあるけど
ダンボールを飛び越えてもいきたくなるというレベルではない。
 
◆そこでできることといえば、値段を下げることだけだった。
そこでメニューを5割引にした。
だけど、お客さんは来ない。
じゃあしかたない・・・儲けなんか出なくていいから
思い切り7割引にした。
スパゲティーを150円とか、200円で出すようにした。
すると・・・ガラッと流れが変わった。
「もう連日2時間待ちの大行列」
みんなが八百屋さんのダンボールを飛び越えて
きてくれるようになった。
 
◆すぐに料理が「売り切れてしまう」ものだから
お店に、入れないお客様がたくさん出る。
「お前の店は、いつも満席でたべられないじゃないか!!」
とクレームが来る。
あわてて隣に2号店を出す・・・
こっちも、すぐに満席になる。
◆3号店を出す・・・
こうやって店舗が増えていき、チエーン展開を
するようになった。
だからもし、最初のお店の1階が八百屋ではなく、火事にならな
かったら、今のサイゼリヤは生まれていないよ。
と正垣会長はいいます。
 
◆現在レストラン『サイゼリヤ』は全国に780店舗あり
海外にも30店舗以上あるそうですが、その歴史を
お聞きしてみると
逆境やトラブルを成長の糧にしてきたのですね。
有難うございます。
 
■『サイゼリヤ』はこちら
http://www.saizeriya.co.jp/
※参考文献
ドラゴン桜 公式副読本
『16歳の教科書』勉強と仕事はどこでつながるのか?
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか/6人の特別講義プロジェクト

¥880
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ テストと測定、改善を繰り返して市場の声を聞こう
■ お店に足を運んでいただけなければ「売上は0円」
そして「赤字です」
■ あなたの仕事でお客様がダンボールを
飛び越えてもきたくなるお店とはどんなお店だろう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★★
さくらのお気に入りのサイゼリヤに行きました。
『サイゼは、いいぜ~~』の合言葉で・・・(笑)
 
サイゼリヤが誕生したのは1967年
たった36席から始まったそうです。
実際にイタリアにいき、バランスの取れた食事と
それを気軽に楽しむ
生活の中で『楽しむ』文化を目の当たりにしたそうです。
イタリア料理は、毎日繰り返し食べられるように
日本人にも食べてもらいたいという思いからできたようですね。
2003年には年間来客数が1億人を超え、
2014年には年間10億人をお迎えできるように
お客様を食事することで喜ばせたいと新たなスタイルでの
食の提供を計画しているようです。
美味しくて、安全で、楽しくて、くつろげる・・・ (^ω^*))((*^ω^)
素晴らしいですねミ★(*^-゜)v Thanks!!★彡
今回も大好きな赤ワインのデキャンタとミラノ風ドリア、
フォッカチオ、辛みチキン、シェフサラダを頂きました。
スタッフも外国の方が多く、素敵な笑顔での接客
思わず応援したくなりますね☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
いつもありがとうございます( *´艸)( 艸`*)
■『サイゼリヤ』はこちら
http://www.saizeriya.co.jp/